2018年9月 6日 (木)

「機能強化拡大工事着工に反対する声明」

三里塚反対同盟(熱田派)の加瀬勉さんから以下の声明が出されましたので、紹介します。

成田空港機能強化拡大工事着工に反対する声明
                                 2018年9月1日

 成田国際空港会社は二五〇〇m滑走路を北側に一〇〇〇m延長するための地盤調査のボーリング工事を開始した。また、夜間空港飛行制限を六時から深夜一二時まで延長、深夜の飛行便数制限の撤回のため新たなる防音工事の受付を一〇月一日より開始することを明らかにした。空港機能拡大の工事着工を直ちに中止せよ!

 空港機能拡大計画説明会を住民との協議合意の場と利用し、一方的に計画を住民に強制し、四者協の合意を住民との合意と曲解し、今度の着工となった。説明会は説明会であり住民との合意ではない。四者協の合意は住民の合意ではない。
住民無視、農地強奪、自然破壊、騒音地獄の発生と住民無視の生存権を脅かす空港機能拡大、工事着工計画を直ちに中止せよ。
 
 われわれはあらゆる手段をもって抗議行動を展開する。沖縄の辺野古の基地拡張計画、福島の原発汚染水を海に放流するための説明会、三里塚の空港機能拡大のための強行着工。政府と資本の強権政治に対し自らの生活を守るために連帯し
て闘うことを表明するものである。
 

なお、この文章はFacebookの「三里塚で闘い続けるひとびとと共に!交流・討論の部屋」で流れました。
千葉日報(19.8.31)は以下のように報じています。18831

|

2018年8月25日 (土)

「山本善偉さんを偲ぶ会」の概要が決まりました

 8月2日逝去された山本善偉さんを「偲ぶ会」の概要が決まりました。
時・11月3日(土、休日)午後1時半開会~4時半
所・神戸学生青年センターホール
  神戸市灘区山田町3丁目1(阪急六甲北東)
    ☎078-851-2760
会費・2000円(軽食あり、おおまきちまきさん出演)
なお、準備の都合がありますので、必ず事前に9月中にお申し込みください(申し込み先ほか、詳細は別途みなさんにお知らせします)。

 18824今日の野菜が、厳しい暑さの三里塚から届きました。
ジャガイモ、玉ねぎ、ミニトマト、オクラ、ピーマン、モロヘイヤ、なす、ゴーヤ、赤ねぎ 以上9品です。

 9・27請求異議裁判最終弁論、10・14三里塚現地全国集会に集まろう!

|

2018年8月 3日 (金)

山本善偉さんの葬儀などについて

 三里塚関西実行委員会世話人・山本善偉さんが、昨日、午後3時過ぎに逝去されました。98歳。

 明日、前夜祭、明後日、昇天式が以下の時間で行われますが、家族葬として執り行いたいとのご遺族の意向がありますので、基本的には弔電などによる弔意の表明で済ましていただけるよう、お願いいたします。

 喪主   山本幸造

 式場   西宮山手会館
       
住所・西宮市城ヶ堀町1-40
       電話・0798-35-1151

 前夜祭  8月4日(土)午後6時より

 昇天式  8月5日(日)午後1時より

なお、香典、献花などは遺族の意向によりお受けしないことになっております。

心から、山本善偉世話人のご冥福をお祈りいたします。

 なお、三里塚関西実行委員会と新空港反対東灘区住民の会の合同で、後日、山本先生を偲ぶ会を必ず開催いたします。その折には、改めてみなさんへのご案内・告知をいたしますので、ご了解ください。

                     三里塚関西実行委員会事務局 

|

2018年8月 2日 (木)

関実世話人・山本善偉さんご逝去

 先ほど午後3時ころ、18128関西実行委員会世話人の山本善偉さんが亡くなられたとご家族から連絡がありました。98歳。心からご冥福を祈ります。

 写真は、今年の1月28日、狭山集会で石川一雄さんと握手しておられるときのもので、山本先生の最後の現場となりました。

|

2017年7月 4日 (火)

7・9現地闘争と天神峰樫の木まつり

7月9日、三里塚反対同盟が「現地闘争と天神峰樫の木まつり」を呼びかけてい1779_2ます。

 正午に市東さんの南台の畑に集合。畑見学などの現地調査をやった上で、12時40分から打ち合わせ、13時から開拓組合道路までデモ行進。そして14時頃から、市東さんのお宅の中庭に移動して「天神峰樫の木祭り」が交流の場として行われます。

 昨年10月の最高裁判決を受けて、市東さんの農地をめぐって緊張が高まっています。同時に、2020年オリンピックを口実に、成田空港の運行時間を始めとした規制の緩和、そして第3滑走路などによる拡張、いわゆる「空港の機能強化」が進められようとしています。裁判による市東さんの農地強奪の攻撃もその一環です。

 1771こんなアベ政権のデタラメを、沖縄の皆さんのたたかい、あるいは福島の避難者や東京をはじめとした深刻な放射能被害の蔓延などに対するたたかいとともに、三里塚の最高裁決定に対する請求異議裁判のたたかい、そして耕作権裁判のたたかいを進めるために集まりましょう。

 パソコンがおかしくなり、先週からこのブログに入れなくなっていたのが、入れるようになりました。ついでに、先週の三里塚からの野菜の報告も。葉物は減りましたが、ズッキーニ、トウモロコシ、キュウリなど、豊かに実っているようです。梅雨と言いながら、雨が少ないように思うのですが、影響が出なければいいのですが。

|

2017年6月19日 (月)

関実『実行委ニュース』第160号発行

17615160 先週、6月15日、関西実行委員会の機関誌『実行委ニュース第160号』が発行され、それぞれの会員、支持者のみなさんに発送されました。もう届いているとは思います。

巻頭「国策による市東さんの農地取り上げを許すな!自民党農政による農民収奪反対」(事務局 松原記・明日当ブログに転載予定)

「5・25請求異議裁判 弁護団が裁判所とNAAを圧倒」(事務局 安藤記・すでに当ブログ掲載済み)

「3・2⑥三里塚全国集会報告 強制執行を阻止しよう」(事務局 弥永記)

「耕作権裁判を傍聴して」(関実ブログより転載)

「成田空港の新たな拡張を許すな! 騒音地獄を強制する適用時間拡張反対!」(事務局 松原記)

「夏季カンパ、賛同会員の募集」

以上の内容がびっしりのB5版、8ページものです。ご希望の方は関実事務局へメールをお願いいたします。

|

2017年2月17日 (金)

反対同盟から「緊急アピール」

 すでに昨日報じましたが、三里塚反対同盟から以下(PDF)の「強制執行を停止させる保証金カンパのお願い」が出されました。

「17.2.16緊急アピール 反対同盟.pdf」をダウンロード

 それぞれで、プリントアウトし、皆さんご自身はもとより、みなさんの周りでも訴えてください。市東さんの農地問題を、三里塚を訴える機会として、全力で取り組みましょう!

 なお、期日が2月21日までとなっていますが、三里塚反対同盟が全力で集めて支払います。そのうえで、反対同盟に対するカンパが必要です。過ぎても構いませんから集める運動を進めてください。

|

2017年2月16日 (木)

強制執行停止へ緊急カンパを!

 一昨日、当Facebookで三里塚の裁判で市東さんの農地への最高裁決定による強制収用が不当だとして「審尋」が行われ、32日から「請求異議裁判」が始まり、その終結まで強制執行を差止める決定がでました。しかし、裁判所はその決定と共に7日以内に200万円の補償金を払えと言ってきています。

 今日の三里塚反対同盟ブログに、その状況を報告するとともに、補償金200万円への緊急カンパの訴えをしています。みなさん。市東さんの農地を守るこの闘いに応えましょう。

カンパ送り先 郵便振替口座  00130-0-562987

       加入者名    三里塚芝山連合空港反対同盟

なお、「三里塚裁判支援運動」とは口座が違いますのでご注意ください。また「緊急200万円カンパ」明記してください。

以下、反対同盟ブログより http://www.sanrizuka-doumei.jp/home02/2017/02/post-170214-1.html

|

2017年2月 8日 (水)

千葉地裁は、強制収用に手をかすな!

 市東孝雄さんの農地などへの最高裁による不当極まる判決に市東さんと弁護団は「強制収用するな」と千葉地裁に申し立てています。それについての千葉地裁での「審尋」が、2月14日(火)第3誘導路裁判の後行われます。市東孝雄さんと萩原富夫さんが意見陳述を行います。
 そしてこの件についての第1回の「請求異議裁判」が、3月2日に開かれます。
 反対同盟は、この2月14日、3月2日、いずれも早朝9時からの地裁包囲デモを呼びかけています。

●2月14日(火)午前9時 千葉市葭川公園

●3月2日(木)午前9時 千葉市中央公園

 関西からも駆けつけましょう。

17212 いよいよ、2月12日(日)の『国策とたたかう農民・農地を守ろう! アベ政治を許さない! 三里塚闘争50年にさいして』集会が、4日後に迫りました。

 おかげさまで、集会賛同が266(昨日現在)の個人・団体から寄せられています。山形、福島、三里塚、そして烈しい闘いが今週から再開した沖縄からおいでいただいて表記の集会を準備する上で、財政的な心配がありましたが、それもクリアされました。あとは、12日、当日みなさんにおいでいただくことです。厳しい闘いの中にある三里塚からも、その二日後に「審尋」で意見陳述される市東さん、萩原さんが駆けつけてくださいます。みんなで集会を成功させましょう!

 私自身は、集会を成功させて、翌日、千葉に入り、14日の「審尋」へのデモに参加したいと思っています。そして関実の全力で、3月2日への結集を呼びかけます。その大前提が、12日の集会の成功です。港区民センターに集まろう!

 実は、この「関実・三里塚ブログ」が、なんとこの12日の集会で、丸10年を経過し、13日に、11年目を迎えます。三里塚のたたかいが続いているのですから、不思議でもなんでもないのですが、書いた記事が約2100件。三里塚、沖縄、福島のたたかいが続く限り、私たちも発信を続けていきます。これからもよろしく。

|

2017年1月26日 (木)

2月12日「国策とたたかう農民・農地を守ろう!」集会へ

国策とたたかう農民・農地を守ろう!
アベ政治を許すな! 2・12集会

               -三里塚闘争50年にさいして-

〔賛同のお願い〕     

 2・12集会実行委員会 事務局 松原康彦

 2月12日、安次富浩、大野和興、米澤鐡志さんら各氏の呼びかけで、「三里塚闘争50年にさいして~国策と闘う農民・農地を守ろう!アベ政治を許さない!」集会が、大阪で開かれます。

 昨年3月27日、成田市で開かれた三里塚全国集会で、萩原富夫さんは「これまでの垣根をこえ、市東孝雄さんの農地を守るために、運動を広げよう」と提起しました。関西で私たちも、その趣旨による集いをおこなおうと、みなさんが話し合い実現にこぎつけることができした。

17212 下記の事情をご理解いただき、ぜひみなさんのご賛同、ご参加をお願いいたします。

 三里塚では、20年も前に土地収用法が失効しました。そのため国と空港会社は、ほんらいは農地を守るための「農地法」を悪用し裁判で農地を取り上げようとする「国策裁判」がおこなわれています。10月25日には最高裁判所が上告を棄却し、市東孝雄さんの農地が強制収用されようとしています。

 また、首都圏空港容量の拡大が叫ばれ、1000ヘクタールもの用地拡張による第3滑走路の建設、暫定滑走路の1000メートル北へ延伸、そして空港離着陸時間規制の大幅緩和などが目論まれています。地元住民をまったく無視した、新たな空港建設であり、くらしといのちを奪うものと言って過言ではありません。

 三里塚闘争、農民・住民の運動が50年もの長きにわたり勝利的に闘いぬかれてきたこと自体、民衆の歴史に残る闘いの金字塔です。それを押しつぶそうと、新たな「国策」が押しつけられています。日本の民衆は、秩父困民党1万人、谷中村(足尾銅山)の農民決起、百里や砂川の基地、日本原、北富士演習場反対運動などに脈々と引き継がれてきました。

17212_2 国に抗して立ち上がった農民闘争の系譜を失ってはなりません。いま、沖縄、辺野古・高江の機動隊の暴力による米軍基地の建設に対する、沖縄の民意、島ぐるみの闘いがあります。福島の被害に苦しむ人たちや避難者の権利、生活の方途を奪い、子どもたちを放射能の脅威にさらしながら、「福島は終わった」という「国策」強制がおこなわれています。南スーダンへの自衛隊派遣、「駆け付け警護」の付与、秘密保護法、集団的自衛権行使の容認、戦争法の強行、三里塚、沖縄、福島への「国策」の押し付け、原発再稼働の動きなど民意を無視し押しつけられる時代となっています。安倍政権の流れに抗し、沖縄、福島、三里塚、そして全国の私たちが決して「あきらめずに」行動しようではありませんか。

 三里塚から萩原富夫さんが、「垣根を越えよう」と呼びかけました。しかし、この集まりを準備する過程はさまざまな困難に直面しています。30数年前の、三里塚反対同盟の分裂。支援党派のなかに「内ゲバ」をも含む厳しい対立があり、なお現在もあることをあらためて痛感させられています。

 私は、三里塚闘争がその闘いの凄さ、激しさ、そして歴史性を有しながら、党派運動の中に埋没していくことに危機感を覚えていました。よく「三里塚は、過激派の闘い」といわれます。しかし2003年、予想もしていなかった市東孝雄さんの農地(とり上げ)問題が発生。強制収用が破綻したことから、裁判で農地を取り上げようとする国の意志が露わになりました。そして第3滑走路問題です。

 当時すでに沖縄・辺野古新基地問題が起こり、2011年3・11フクシマ大事故が起こりました。東京電力に対する官邸前のうねりや沖縄の島ぐるみのたたかいをはじめ、新たな闘いが始まり、1昨年からの戦争法反対の巨大な動きが生まれました。私たちも、2010年の沖縄県民大会に故・萩原進さん、市東孝雄さんとともに参加し、反対同盟の旗が10万人結集の真ん中で翻りました。三里塚は、反原発運動の現場にも行きます。萩原富夫さんの「垣根を越えよう」という訴えは、いまの政治状況の中での大きな決断と提起です。この国の政治が、農民のいのちとくらし、私たちの食や環境を根本から破壊しようとしているおぞましさが、市東さんの農地問題を通して見えてきました。沖縄、福島、三里塚、いま私たちが「垣根をこえて」立ち向かっていくときではないでしょうか。

 私は、こうした想いで「2・12集会」の準備にかかわる一人です。

 一人でも多くの皆さんが、「2・12」集会へのご賛同、ご参加をいただけるよう心からお願いいたします。

【賛同郵便振替口座】口座番号 00910-6-332559
        
加入者名 「三里塚50年」集会実行委員会

 

|

より以前の記事一覧