2020年9月16日 (水)

今週の産直野菜 (9月16日)

20916

三里塚からの野菜が、先ほど届きました。高速道路で何かあったのでしょうね。到着時間で言えば、10時間余りの延着。野菜たちからすれば27時間くらい、この暑さの中に閉じ込められていたのです。届けてくれたクロネコのお兄ちゃんに文句を言えるものでもありません。気の毒なくらい「済まなさそう」にしていましたが。空心菜、じゃがいも、青唐辛子、ピーマン、万願寺唐辛子、ミニトマト、オクラ、モロヘイヤ、ナス、ミニカボチャ 以上10品です。

モロヘイヤと空心菜は、27時間もよく頑張ったと言いたいくらい、見た目は元気そうなのですが、葉物ですから1週間ももたない。しかも、これまでと比しても多い。手間ですが、それぞれの茎の根元を2~5ミリ、切り取って、たらいにはった水の中に。これから1時間ほど蘇生のために頑張ってもらいます。20916_20200916193301

耕作権裁判が予想通り延期になりましたが、新ヤグラ裁判の判決、そして請求異議裁判の控訴審の結審(10月22日)と、明らかに裁判所、そして国は「いい加減にしろ」とばかりに「ことの決着」をつけようと焦ってきているのではないかと思います。しかし、このコロナ禍の中で、いったんは第2滑走路を閉鎖し、「Go To」キャンペーンの下で第2滑走路を再開させたものの、その状況は一向に改善していません。その原因は、世界の航空業界が、グローバリゼーションと新自由主義のもとで、バブルの航空需要の基づいた拡張をしてきたことにこそあるのです。そんな一部資本家、支配者の「儲け主義」の夢のために第一次産業の根幹である農民の営為と農地を切り捨てることなど許されないことが、この過程で明らかになったのです。

三里塚の54年の闘い、農民として「小作であろうと農民である権利がある」と踏ん張る市東孝雄さんの闘いにこそ、私たちがこのコロナ禍の中で考えなければならない「価値」なのではないでしょうか。

|

2020年9月 9日 (水)

今週の産直野菜 (9月9日)

2099

三里塚から暑い中、野菜が届きました。オクラ、万願寺唐辛子、カボチャ、ジャガイモ、ミニトマト、ナス、青唐辛子、ししとう、モロヘイヤ、空心菜、ピーマン 以上11品です。
 三里塚も、8月は雨のない猛暑になっているようで、大変でしょうね。昨年は、さらに台風の被害があり、全国集会も中止に。今年はどうでしょうか。
 コロナ禍の中で、第2滑走路(市東さんのところ)を閉鎖せざるをえず、空港は閑散としています(駐機場になっているという表現がされています)。「Go To」キャンペーンとかいう出鱈目な、利権にかられた政策で第2滑走路の使用が再開されているものの、旅客のいない中で、航空会社各社は完全にギブアップ寸前です。先日の請求異議裁判控訴審の中でも、弁護団と証人に立った鎌倉さんから、新自由主義によって作られた航空需要予測の虚構が暴かれ、そもそも「第2滑走路など必要なかったのではないのか」「市東さんの畑などの強制収用が言われるが、その根拠が失われている」ことが明らかにされました。

 一番最初に始められた市東さんを被告とする耕作権裁判(市東さんの南台の畑での耕作が不法耕作だと強弁して始まった裁判)が、前にも後ろにも進めず、2007年2月に始まりながら、13年を経た今も、千葉地裁の段階で、証拠調べも証人尋問もできないことが、空港会社による違法、不法、虚偽がある故にしろ、この主張を補強しています。9月14日、その耕作権裁判が裁判官が代わることによる弁論が開かれます(午前10時半から)。さらに、9月27日には、成田市赤坂公園で、三里塚全国総決起集会が開かれます。そして、10月22日には請求異議裁判控訴審で結審の最終弁論が行われます。

 国、空港会社は、こうした破綻を前にしながら、市東さんの農地の強制収用を目論みつつ、「機能強化」と称して第3滑走路計画の押し付けを、地元の住民に強制しようとしています。こんなことが許せましょうか。裁判、全国集会に結集しよう!

|

2020年8月19日 (水)

今週の産直野菜 (盆明け、8月19日)

20819

盆明け、三里塚からの野菜の再開です。しかし、凄い! シシトウ、万願寺唐辛子、玉葱、ジャガイモ、キュウリ、ピーマン、ナス、モロヘイヤ、空心菜、ゴーヤ、うり、ミニトマト、オクラ 以上13品です。触ったら生暖かい。葉物2品はまず、水に入れて蘇生。他はすぐに冷蔵庫に(シシトウと万願寺唐辛子は一緒になっている)。

 最近、糠漬けに懲りだして、野菜の消化がすごくなり、足らずを購入しだした。この猛暑の中で、野菜の値段がものすごく高騰しているのを目の当たりにしています。

 さて、その野菜を生産しておられる市東孝雄さんの農地強奪への動きが、この2週間で重大な局面を迎えています。一つは、8月24日の新ヤグラ裁判の判決攻撃。もう一つは、9月2日の農地法裁判の請求異議裁判控訴審がこの日の審理を終えて、10月22日に結審を強行しようとしています。

 いずれの裁判も「裁判の長期化」を口実にスケジュールが強行されようとしています。当然と言えば当然です。市東さんの農地に係る農地法裁判と並ぶ耕作権裁判が、一連の裁判の中で最初に(2007年2月)始まりながら、いまだに証拠調べも証人尋問も行えず、にっちもさっちもいかない状態にあります。理由は、市東さんの農地の強奪ということの理不尽さ以前に、その国、空港会社の不法、不正義が暴かれ、「国策裁判」としてにっちもさっちもいかなくなっているからです。新ヤグラ裁判、請求異議裁判の「長期化を許さない」とは、この耕作権裁判の二の舞に陥ることを、裁判所、国が何よりも恐れているからにほかなりません。

 それゆえにすでに結審の法廷の様子をお伝えしていますが、ほかの裁判がすべてコロナ禍を理由に延期されているにもかかわらず、そして裁判長自身がこの春に東京高裁に移動しているにも関わらず、新ヤグラ裁判では、東京高裁から出張ってきて7月に結審の法廷を強行し、この8月24日に判決を強行するという異常さにその正体がさらけ出されています。判決の内容はもうすでに明らかでしょう。私たちは敗北の判決を強行される以外にあり得ません。しかし、そんなことで私たちの闘いが後退したり、市東さんの農地の強奪を許す状況になることはありえません。むしろ、私たちは、この裁判所、国、空港会社の不正義への新たな怒りをばねに、54年闘い抜かれてきた三里塚闘争、農地と農民自身の闘いを守り抜き、すでに「死に体」となった安倍政権を打倒する闘いに「反転攻勢」、前進するのみです。

 コロナ禍を口実にするわけにはいきません。8月24日千葉地裁に、9月2日東京高裁に、市東孝雄さんと共に、三里塚闘争を闘ってきた仲間とともに、立ち向かっていきましょう!(もちろん、コロナ禍の中で、体調に不安を持っているみなさんは、それぞれの場所で、想いを共にしてください。)

 

|

2020年8月 5日 (水)

今週の産直野菜 (8月5日)

2085

三里塚から野菜が届きました。空心菜、キュウリ、ジャガイモ、玉葱、シシトウ、オクラ、モロヘイヤ、ニガウリ、ピーマン、枝豆 以上10品です。他の方が先週の野菜で、ゴーヤの漬物をFacebookに掲載しておられたので、楽しみにしていましたが、残念! ニガウリでやるか・・・(ここで外野席から「ゴーヤとニガウリは一緒」と忠告)。しかし、来週は現地の「盆休み」で野菜はお休み。これで2週間は無理ですね・・・。ショボン・・・。

『野菜だより』と一緒に、農家の市東孝雄さんの農地の強奪を国、空港会社が謀っている農地法裁判の請求異議裁判控訴審の口頭弁論が9月2日に開かれることを訴えた「市東さんの農地取り上げに反対する会」のチラシが同封されていました。この畑に係る暫定(第二)滑走路が、コロナ禍の中で旅客が激減したことを受けてこの7月22日まで閉鎖されていました。再開されたのは、旅行会社などの資本と癒着して打ち出された「Go To」政策で旅客が戻ることを当て込んだものです。しかし、「作られた需要」と指摘されてきた航空需要の落ち込みは、そのような小手先で何とかなるものではありません。世界の航空会社が次々と経営破綻し始めています。こんな「砂上の楼閣」、資本の儲け主義に根拠をおいて、親子3代、100年以上耕し続けられてきた豊かな農地を強奪することがどうして許せるか! しかし、東京高裁は委細構わず「国策」を掲げ、この裁判の結審を策動しています。こんなことを許せるか! 9月2日、コロナ禍で大騒ぎの東京ですが、請求異議裁判控訴審に結集しましょう。午前10時半開廷ですが、傍聴券の配布がありますので1時間前にお集まりください。Epson001 Epson002_20200805100901

|

2020年7月29日 (水)

今週の産直野菜 (7月29日)

20729

三里塚から野菜が早く届きました。ピーマン、玉葱、ジャガイモ、ししとう、ナス、オクラ、モロヘイヤ、空心菜、枝豆 以上9品です。先週土曜日の便にはトウモロコシが入っていたので、楽しみにしていたら、『野菜だより』には冷たく「カラスに食べられた」と、入っていません。残念! 関西でもまだ梅雨が明けない。明日らしいが。関東は大量の雨が昨日も。そのためモロヘイヤや空心菜と夏野菜が入りはじめましたが、「勢いつかず」とか。

207291 野菜を受け取るのがやっとで、関実の『実行委ニュース』などの印刷、発送作業に飛び出した。マスクを忘れ、スマホを忘れ、・・・。あちこちに心配とご不便をかけた模様。思わず「歳ですねぇ・・」とぼやく。

|

2020年7月15日 (水)

今週の産直野菜 (7月15日)

20715

今週の野菜が三里塚から早々と到着しました。
 ししとう、ピーマン、玉葱、じゃがいも、オクラ、トウモロコシ、キュウリ、なす、ニンジン 以上9品です。待望のトウモロコシが入っていたが、少ない・・・。早出しの予定のトウモロコシは鴉にやられたと萩原さんがFacebookに書いておられて納得していましたが、やはり天候不順でしょうかね。

 現地からの報告で、先日12日には、「樫の木祭り」が趙博さんを迎え、にぎやかに行えたとのこと、よかったですね。
 明日は、久しぶりの三里塚の闘い、新ヤグラ裁判が結審を迎えます。この裁判は、市東さんの農地裁判(請求異議審控訴審として闘われています)に関連して、天神峰の市東さんの農地にあるヤグラ、看板などが、その農地の強奪をするときに、三里塚反対同盟所有だから手を出せないということで始まった裁判です。要するに、市東さんの農地を強奪するための裁判です。今や、土地収用法も20年以上前に失効し、空港会社NAAにとっても、何の必要性も必然性もない農地を、まさに「国家意思のメンツ」のようなことで、農民、市東さんから奪うという出鱈目な流れの一つです。断じて許されません!

|

2020年6月24日 (水)

今週の産直野菜 (6月24日)

20624

ちょっと出かけている留守に、三里塚から野菜がとどいていました。箱は小さいが、ずしりと重い。

 予想した通り、新玉葱に加えて、新じゃがの初荷。玉葱、ジャガイモ、シシトウ、ニンジン、ピーマン、セロリ、ルッコラ、ニンニク、キュウリ、キャベツ、ナス 以上11品です。セロリの量にびっくり。

 コロナ禍の呪縛が解け始め、いよいよいろんなスケジュールが飛び込み始めています。昨日は、久しぶりに早朝から出かけ丸一日、福井で美浜町、関電原子力事業本部、原子力規制委員会敦賀などへの申し入れ行動。運転しなくてよかったので、気楽に写真担当で頑張りましたが、さすがに今日は疲れが。しかし、明日も早朝から出かけ、関電株主総会に対する抗議闘争、それが終わるや、新幹線に乗って、三里塚現地に向かいます。翌日、帰ってきて関西電力本店前での座り込み。明日、明後日と天気が悪そうな中ですから、ちょっときついかな?

 これで三里塚に入るので、12日の樫の木祭りはパスして、直後16日の新ヤグラ裁判に再度千葉に向かいます。

|

2020年6月17日 (水)

今週の産直野菜 (6月17日)

20617

三里塚から野菜が早々と届きました。玉葱、ニンニク、なす、ピーマン、ルッコラ、キュウリ、ニンジン 以上7品です。この時期にしては、届いた箱が小さいし、軽い。葉物が早々と後退し、玉葱、キュウリ、ニンジンなどはよくできて来ていると聞く。
 関東地方が雨でも三里塚には2週間近く、この暑さの中で雨がなかって、先週末、梅雨入りを前にようやく降って、ほっとしたと現地からの便りが。天候に左右され、ものによっては出来不出来の差が激しいようです。

 昨日、関西実行委員会の事務局会議が、2月以来4か月ぶりに開かれた。こんなことは実行委員会結成以来初めてだ。コロナ禍の中で、全国集会が中止され、3月以来、裁判がすべて延期された。ようやく7月から裁判が再開されるというものの、その中心である、市東さんの農地をめぐる請求異議裁判控訴審が、裁判所側の結審の目論見が先行するまま、いまだに8月末と言われる日程が決まらない。
 実行委員会としては、7月12日に予定される「樫の木祭り」の集会とデモ、それと7月16日に結審を迎えると言われる新ヤグラ裁判に代表派遣を決めたものの、9月27日の全国集会はあるものの、請求異議裁判の日程を見据えなければと、実行委ニュースの発行を7月下旬にすることに。5ヶ月も発行されないのも、実行委員会はじまって以来だ。

 とにかく、猛暑になると言われている夏を乗り切り、秋の闘いへ準備を始めよう。

|

2020年5月27日 (水)

今週の産直野菜 (5月27日)

20527

三里塚から野菜が届きました。サラダ春菊、そら豆、チンゲン菜、ズッキーニ、玉レタス、サニーレタス、ニラ、カブ、大根 以上9品です。また先週から1品増えた。FBに萩原さんがそら豆が沢山とれたと流していたが、すごい(まあ、剝けば、それほどでもない?)。小松菜が終わったのかな?

 緊急事態宣言が昨日解除されたものの、裁判の日程などまだまだ。耕作権裁判がようやく9月14日と出てきましたが、請求異議裁判控訴審がまだわからない。野菜をしっかり食べて、猛暑の夏を乗り切ろう!

|

2020年5月20日 (水)

今週の産直野菜 (5月20日)

20520

リハビリから帰ってきたらちょうど、三里塚から野菜が届きました。久しぶりの大きい箱。あまり重さはない。しかし、大きいはず。玉レタス、サニーレタスにキャベツ。それに小松菜、チンゲン菜、サラダ春菊、カブ、初物らしく可愛い大根。以上、8品。いよいよ必死で食べないと消化できない。さあ、2か月、この「苦闘(?)」が続く。
 コロナ禍が収まるようで収まらない。6月3日に予定されていた請求異議裁判控訴審の証人尋問が延期された。それ以降も未定? 1月の請求異議裁判控訴審以来、予定していた裁判が流れ、おまけに全国集会まで流れたので、私は半年近く三里塚を訪れていない。こんなことは1976年に三里塚を訪れて以来、私にとっては初めてではないだろうか。

 検察庁法改悪をとりあえず今国会採決を断念させたというものの、このコロナ禍の情勢の中で、安倍政権は辺野古の新基地建設を進めようとしている。また、原発の再稼働状態を電力会社にやめさせようともしないばかりか、老朽原発の再稼働に向けた工事を続けさせている。まさに嘘とペテンで塗り固められたこんな安倍政権を延命させてはならないとあらためて思う。

|

より以前の記事一覧