2017年3月19日 (日)

今週の産直野菜 (3月19日)

17319 先ほど三里塚から野菜が届いた。

 ニンジン、里芋、ター菜、切り干し大根、小松菜、ほうれん草、ネギ 以上7品。

 『野菜だより』に「三寒四温、押しつ押されつ冬と春」とありますが、ほんとにそうですね。
 昨日、ブログ管理人は、京都の舞鶴で開かれた「高浜・大飯再稼働ストップ 3・18原発ゼロ京都北部集会」に、若狭の原発を考える会のビラまきをかねて参加してきた。早朝出発、帰り着いたのは午後9時ですから、野菜の荷受けができず、今日に。寒いかと真冬のジャンパーででかけ、さすがに少し暑かったが、そういう勘違いをする妙な気候。野菜も大変だろうなと思わず思う。
 今日も、これから神戸での反原発の「いのちとくらしをまもるデモ」に、若狭の原発を考える会のビラまきをして、集会、デモに参加する。

 今週は、23日、24日と若狭の原発を考える会の福井でのアメーバ―デモ(ほとんど戸別ビラ入れ)。その後、26日の成田市赤松公園での三里塚全国集会。忙しい~。みなさん。成田へ行こう!

|

2017年3月11日 (土)

今週の産直野菜 (3月11日)

17311 少し遅れて先ほど三里塚から野菜が届きました。

 ター菜、切り干し大根、ニンジン、小松菜、里芋、ネギ

 以上6品です。『野菜だより』には「冬野菜がだんだん減って、春野菜が出始める4月頃まで、端境期に入りますが、畑では着々と次の準備を進めています」とある。

 今日は「2011年3・11フクシマ」から丸6年。昨日の関電本店前でもその話が、発言者の柱となった。「フクシマを忘れるな」と言うはたやすいが、日々の私たち自身のたたかい、取り組みの中で、それを実践していくことは容易ではない。それ自体が、安倍の「帰還」「アンダーコントロールのデマ」などの攻撃と対峙することになる。

1738311 福島の被災地現地にとどまる人々の想いと、10万近いと言われながら政府がその実態をつかもうともしない(「帰還攻撃」のゆえに)中で、福島からの「自主」避難者も含め、東京・関東からの避難者の想いとくらしは深刻の様相を帯び始めている。とりわけこの3月での「一部避難支援の打ち切り」という事態の中で。なんという国だろうと思う。
 『3.11避難者の声 ~当事者自身がアーカイブ~』が出版された。ぜひ手に取って読まれることを勧める。1冊、カンパで500円相当。発注手順、送料など詳しいことは、sandori2017@gmail.com へ。

|

2017年3月 4日 (土)

今週の産直野菜 (3月4日)

1734 今日は早々と三里塚から産直野菜が届きました(昼前に、辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動の今日配布するチラシを持っていく当番で、折込があるようで早く行かなければならないので助かりました)。

 ほうれん草、ニンジン、里芋、水菜、ター菜、大根、ネギ 以上7品。

 木曜日の雨で、それぞれドロドロ。洗わないと・・・。

 『野菜だより』によると、成田は毎日のように強風が吹いて、悩まされているようですね。その前は、雨が少なくて育たないとも伝わっていますが、葉物が小さい。17326しかし、あるだけましか。これから端境期に入り、野菜が減るよう。

 木曜日の請求異議裁判で、昨年末の最高裁決定について弁論(論議)できる時間が勝ち取れた(冤罪事件の再審のような「狭き門」がこじ開けられた)。耕作権裁判も重要な論議が行われている。
 この局面をかちとった流れを、多くの人々に伝え、三里塚に、市東さんの農地問題にあらためて大きな世論を巻き起こそう。そのためにも、3月26日の成田市赤坂公園での全国集会を呼びかけよう!

|

2017年2月25日 (土)

今週の産直野菜 (2月25日)

17225 先ほど、三里塚から野菜が届きました。

ニンジン、サツマイモ、白菜、大根、チンゲン菜、ネギ 以上の6品です。まさに端境期。なにはともあれ、白菜がある。終了間近だそうですが。「野菜だより」ではまだ少なくなると・・・。

 昨日の反対同盟ブログに掲載された『反対同盟ニュース』によれば、国と空港会社が進めようとしている夜間飛行時間の規制緩和と第3滑走路計画などの「空港機能強化案」に対して、横芝光町中台で「断固反対」の看板が5ヶ所に立てられたと報じている。

 地域の住民とともに生活と人権を守ろう!

 とりわけ市東孝雄さんの農地取り上げ、裁判による強制収用を断じてい許せない。3月2日(木)の請求異議審裁判の第1回口頭弁論の傍聴に結集しよう! 午前9時、千葉市中央公園に集まり、千葉地裁包囲のたたかいを取り組もう!
 強制執行を停止させる保証金カンパが呼び掛けられています。応えよう!

|

2017年2月18日 (土)

今週の産直野菜 (2月18日)

17218 先ほど三里塚から野菜が届きました。昨日、今日のあたたかさ、雪も落ち着いたか、まともな時間に宅急便さんが届けてくれました。

 サツマイモ、ニンジン、ほうれん草、白菜、小松菜、大根、ネギ
以上7品です。
 例年にくらべると小松菜、ほうれん草が小さいのは天候のせいでしょうね。しかし、白菜が続いているのはありがたい。
 今夜も鍋か・・・。

 三里塚の市東さんの農地について、強制収用の執行を差し止めたものの、「保証金」200万円がいることに。とりあえず反対同盟は7日以内(21日まで)に出さざるを得ませんが、そんな余裕はありません。緊急カンパが呼び掛けられています。

郵便振替 口座番号 00130-0-562987
       加入者名 三里塚芝山連合空港反対同盟

みなさん。緊急カンパに集中しましょう!

 そして、3月2日(木)午後10時半からの「請求異議裁判」の傍聴にかけつけよう。この日は、午前9時、千葉市中央公園から千葉地裁包囲のデモが行われます。来れる方は午前9時、千葉市中央公園へ。

|

2017年2月 4日 (土)

今週の産直野菜 (2月4日)

1724 先ほど、三里塚から野菜が届きました。小松菜、じゃがいも、ヤーコン、ニンジン、大根、ネギ 以上6品です。

 先週は、福井・千葉と転戦したので、野菜をパス。そのため野菜不足で、ブロッコリーや小松菜などをスーパーで「買い食い」しました。実は、昨日も。

 萩原さんと話していたら、水不足で野菜が育たないそうです。この小松菜もかわいらしい。雨も、雪も降っていないそうです。やっぱり「お百姓」は大変だ。

 いよいよ2月12日の「国策とたたかう農民・農地を守ろう! アベ政治を許すな! - 三里塚闘争50年にさいして -」集会まで、あと8日。
 17212メインの山形・置賜(おきたま)のコメ農家・菅野芳秀のお話しが楽しみです。自らの地域での実践から、「グローバリズムの嵐の中で、求められているのは農業を基礎とした『地域計画』」、「次代は我々がつくりだす」などと話していただけるようです。福島からは、葛尾村のコメ農家・松本操さんから放射能による被害(風評被害も含む)の中でのコメつくりのお話しと決意が。
 沖縄からは、すでに厳しい闘いを強いられている辺野古の現場から安次富浩さんから、明後日から本格工事が始められるという状況の中からの報告です。神戸・大阪の辺野古行動から平石さんの訴えも。
 闘いが50年を迎えた三里塚からは、新たな農地強奪と拡張、夜間規制の緩和といった攻撃にさらされている現地から、市東孝雄さん、萩原富夫さん、そして市東さんの会の山口さんから報告と訴えが。
 今、辺野古に行っている川口真由美さんが歌とアピールを。また、会場では葛尾の松本さんのコメの販売と試食、三里塚の野菜、そのほか、被災地の靴の販売や、さまざまな闘いの訴えの書籍、パンフの販売などが行われます。休憩時間もありますが、できれば少し早く会場に来て、ご覧になり、購入してください。

 盛り沢山な内容ですが、私たちが日ごろ考えなければならないはずの農業、農と農民の問題、そして国策とたたかうことが語られます。欲張りすぎて財政的な心配が大きかったですが、それもどうやらみなさんの支えで目途が付き始めています。
 あとは、みなさんが集まって、ともに考えてくださることが大切です。お集まりください。

17212_2

|

2017年1月21日 (土)

今週の産直野菜 (1月21日)

17121 先ほど三里塚から、今週の野菜が届きました。

 ニンジン、里芋、キャベツ、白菜(2個)、ネギ、大根 以上6品です。

 「野菜だより」にはブロッコリーまたはキャベツとありますので、我が家はキャベツ。「野菜だより」には、「キャベツはもともと数は少なかったのですが、正月休み中、ヒヨドリの群れのご馳走になってしまい、わずかに残りました」とある。ラッキー、そのわずかに当たったんだ。

 先週、「白菜が2個」と書いたら、「白菜をうす揚げと一緒に甘味で煮ると美味しいし、白菜が一気に減るよ」とご教示が。結果、ほとんど毎日食べていた。スープも美味しい。17122今週も、小さいのが2個。湯豆腐と揚げとのスープで頑張って食べるか・・・。

 明日は「高浜原発うごかすな!関電包囲集会」。みなさん。集まろうね。
[午後2時]出発集会(~14:30) 所・大阪中之島公園女神像前/[デモ周発]14:30~ 西梅田公園まで 西梅田公園から近くにある関西電力本店前に三々五々集まる(徒歩5分)。 [関電包囲全国集会] (16:00~17:30) 所・関西電力本店前歩道。

 安倍政権は、福島の被災者を切り捨て、帰還を強制し、「福島の放射能はコントロールされている」として2020年東京オリンピック開催に向けて一切の政治を動かそうとしている。それが改憲と共謀罪であり、「退位問題」であり(辞めればいいのだ!)、原発再稼働と輸出。こうしたことをどうして許せるか!
 大津地裁の再稼働差し止めの仮処分決定を守るために、関西電力に、そして大阪高裁に圧力をかけよう!

|

2017年1月14日 (土)

今年、最初の産直野菜 (1月14日)

17114 先ほど三里塚から今年最初の産直野菜が届きました。

 え~っ! 小さめとはいえ白菜が2個! それにサツマイモ、ほうれん草、ネギ、ブロッコリー、ニンジン、大根 以上7品。まだ、年末の正月野菜の白菜が少し残っている・・・。頑張って食べましょう!

 今は気持ちのいい天気だが、今晩からこの辺でも雪の天気予報。明日は、関西実行委員会の「2017年団結旗開き」。三里塚現地から来られる太郎良さん、大丈夫かしらと心配。

 しかし、急に寒さが襲ってきたから身体がついていかない。昨日は、関西電力本店前で「再稼働反対」の今年最初の座り込み。もの凄い風。風がなければ、気温はそれほど厳しい寒さではないのだが、風が冷たい。文字通り震え上がった。4時間半、坐っていあたら、体中が固まってくるのがわかる。ホカロンをはじめ、目いっぱい防御したが・・・。そうでなくても関電前は、ビル風がひどい所。こたえた。まあ、あと1ヶ月余り、こういう状態になるのでしょうね。
 再稼働差し止めの大津地裁の仮処分決定をめぐる大阪高裁の異議審の判決が今月末か来月にも出される情勢。「寒い」と言ってられない。みなさん。来週、1月22日、関電本店前で午後4時から「高浜原発うごかすな!関電包囲全国集会」があります(午後2時大阪中之島女神像前で出発集会とデモ)。集まりましょう。

 1月30日には千葉で耕作権裁判。市東さんの農地への最高裁決定による強制収用情勢だ。沖縄の辺野古での攻防はもう始まった。今年も、はじめから忙しそう! 今日は、これから三宮マルイ前で、「辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動」の街宣活動。寒さをはね返して、頑張ろう!

|

2016年12月27日 (火)

団結野菜市 (12月27日)

161227 なんと三里塚反対同盟との団結野菜市が今年、40回目。始めた時は、私は30歳なのだ。朝、明石教会で荷受けをして(これは私は3回ほどしか参加していませんが)、先ず、簡単な集会で反対同盟からのメッセージ、そして永井さんや山本さんの挨拶を受けて、各地、各団体ごとに教会幼稚園の校庭(?)一杯に広げて、分ける作業。さらに私たち東灘は、受注した家庭ごとに箱詰め作業。終わるのは昼前。それから10数軒に配達。終わるころには暗くなります。この数年前までは、その後、山本先生のお宅で、住民の会の「忘年会」。一日が終わるともうメロメロ。

 三里塚からトラックで運んでいただくこともそうですが、なにしろ私をはじめ、みなさん高齢化は凄い。なにしろ40年ですから。この激務に自信がなくなっていた私は、2,3年前から「もう止めへんか?」と恐る恐る意見を。何しろ関実と反対同盟の団結の象徴ですから。「産直の会」が「お正月セット」をそれとして以前から案内していることに目をつけ、今年からついに現地から宅急便で直接、それぞれへ。写真は、その正月セット(関西バージョン)に八つ頭と落花生を加えたものです。

 野菜市の39年続けた荷受け、配達がないというだけで、この数日、年末にこんな気楽に日々が過ごせたことはほんとに初めてというか久しぶり。しかし、出荷する現地は大変だったみたいです。ちょっと欲張ったやり方をお願いしながら、現地の出荷する作業を幾度も一緒に経験している私は、「大丈夫かな?」と思っていて案の定・・・。来年はまた考えて修正しましょう。現地に負担をできるだけかけないでやれる方法をみんなで考えましょう。

 しかし、年末、年始の野菜がそろった。葉物はやはり今年の結果で少ないですが、ゴボウが立派。明日から料理に精を出さないと・・・。

|

2016年12月17日 (土)

今年最後の産直野菜 (12月17日)

161217 今年最後の三里塚からの野菜が届きました。

サトイモ、ジャガイモ、小松菜、ゆず、山東菜、ラディッシュ、ネギ、大根、ニンジン、サツマイモ

 以上10品。「保存の都合上、今回も里芋」とありますが、食べるのが大変。余り過ぎ・・・。しかし、葉物が少し入ってきた。現地の農作業は天候に左右されて大変そう。文句めいたことを言ってスミマセン。先週のデッカイ白菜が少し手を付けたままでそのまま。いろいろ行事があって、なかなかうまくいきません。

 次は12月27日、団結野菜市で、「正月セット」が送られてきます。注文がまだの人は、20日までに関実事務局へ。

 最高裁の不当極まる上告棄却決定がでて、いよいよ新年、2017年は市東さんの農地を守る正念場になりました。1月9日の反対同盟の団結旗開き、1月15日の関実の団結旗開きを出発点に、全力で闘い抜きましょう。
 2月12日、関西での「国策とたたかう農民・農地を守ろう! アベ政治を許さない! - 三里塚闘争50年にさいして -」集会を成功させ、3月26日、成田での全国集会に駆けつけよう!

|

より以前の記事一覧