2020年6月24日 (水)

今週の産直野菜 (6月24日)

20624

ちょっと出かけている留守に、三里塚から野菜がとどいていました。箱は小さいが、ずしりと重い。

 予想した通り、新玉葱に加えて、新じゃがの初荷。玉葱、ジャガイモ、シシトウ、ニンジン、ピーマン、セロリ、ルッコラ、ニンニク、キュウリ、キャベツ、ナス 以上11品です。セロリの量にびっくり。

 コロナ禍の呪縛が解け始め、いよいよいろんなスケジュールが飛び込み始めています。昨日は、久しぶりに早朝から出かけ丸一日、福井で美浜町、関電原子力事業本部、原子力規制委員会敦賀などへの申し入れ行動。運転しなくてよかったので、気楽に写真担当で頑張りましたが、さすがに今日は疲れが。しかし、明日も早朝から出かけ、関電株主総会に対する抗議闘争、それが終わるや、新幹線に乗って、三里塚現地に向かいます。翌日、帰ってきて関西電力本店前での座り込み。明日、明後日と天気が悪そうな中ですから、ちょっときついかな?

 これで三里塚に入るので、12日の樫の木祭りはパスして、直後16日の新ヤグラ裁判に再度千葉に向かいます。

|

2020年6月17日 (水)

今週の産直野菜 (6月17日)

20617

三里塚から野菜が早々と届きました。玉葱、ニンニク、なす、ピーマン、ルッコラ、キュウリ、ニンジン 以上7品です。この時期にしては、届いた箱が小さいし、軽い。葉物が早々と後退し、玉葱、キュウリ、ニンジンなどはよくできて来ていると聞く。
 関東地方が雨でも三里塚には2週間近く、この暑さの中で雨がなかって、先週末、梅雨入りを前にようやく降って、ほっとしたと現地からの便りが。天候に左右され、ものによっては出来不出来の差が激しいようです。

 昨日、関西実行委員会の事務局会議が、2月以来4か月ぶりに開かれた。こんなことは実行委員会結成以来初めてだ。コロナ禍の中で、全国集会が中止され、3月以来、裁判がすべて延期された。ようやく7月から裁判が再開されるというものの、その中心である、市東さんの農地をめぐる請求異議裁判控訴審が、裁判所側の結審の目論見が先行するまま、いまだに8月末と言われる日程が決まらない。
 実行委員会としては、7月12日に予定される「樫の木祭り」の集会とデモ、それと7月16日に結審を迎えると言われる新ヤグラ裁判に代表派遣を決めたものの、9月27日の全国集会はあるものの、請求異議裁判の日程を見据えなければと、実行委ニュースの発行を7月下旬にすることに。5ヶ月も発行されないのも、実行委員会はじまって以来だ。

 とにかく、猛暑になると言われている夏を乗り切り、秋の闘いへ準備を始めよう。

|

2020年5月27日 (水)

今週の産直野菜 (5月27日)

20527

三里塚から野菜が届きました。サラダ春菊、そら豆、チンゲン菜、ズッキーニ、玉レタス、サニーレタス、ニラ、カブ、大根 以上9品です。また先週から1品増えた。FBに萩原さんがそら豆が沢山とれたと流していたが、すごい(まあ、剝けば、それほどでもない?)。小松菜が終わったのかな?

 緊急事態宣言が昨日解除されたものの、裁判の日程などまだまだ。耕作権裁判がようやく9月14日と出てきましたが、請求異議裁判控訴審がまだわからない。野菜をしっかり食べて、猛暑の夏を乗り切ろう!

|

2020年5月20日 (水)

今週の産直野菜 (5月20日)

20520

リハビリから帰ってきたらちょうど、三里塚から野菜が届きました。久しぶりの大きい箱。あまり重さはない。しかし、大きいはず。玉レタス、サニーレタスにキャベツ。それに小松菜、チンゲン菜、サラダ春菊、カブ、初物らしく可愛い大根。以上、8品。いよいよ必死で食べないと消化できない。さあ、2か月、この「苦闘(?)」が続く。
 コロナ禍が収まるようで収まらない。6月3日に予定されていた請求異議裁判控訴審の証人尋問が延期された。それ以降も未定? 1月の請求異議裁判控訴審以来、予定していた裁判が流れ、おまけに全国集会まで流れたので、私は半年近く三里塚を訪れていない。こんなことは1976年に三里塚を訪れて以来、私にとっては初めてではないだろうか。

 検察庁法改悪をとりあえず今国会採決を断念させたというものの、このコロナ禍の情勢の中で、安倍政権は辺野古の新基地建設を進めようとしている。また、原発の再稼働状態を電力会社にやめさせようともしないばかりか、老朽原発の再稼働に向けた工事を続けさせている。まさに嘘とペテンで塗り固められたこんな安倍政権を延命させてはならないとあらためて思う。

|

今週の産直野菜 (5月20日)

20520

リハビリから帰ってきたらちょうど、三里塚から野菜が届きました。久しぶりの大きい箱。あまり重さはない。しかし、大きいはず。玉レタス、サニーレタスにキャベツ。それに小松菜、チンゲン菜、サラダ春菊、カブ、初物らしく可愛い大根。以上、8品。いよいよ必死で食べないと消化できない。さあ、2か月、この「苦闘(?)」が続く。
 コロナ禍が収まるようで収まらない。6月3日に予定されていた請求異議裁判控訴審の証人尋問が延期された。それ以降も未定? 1月の請求異議裁判控訴審以来、予定していた裁判が流れ、おまけに全国集会まで流れたので、私は半年近く三里塚を訪れていない。こんなことは1976年に三里塚を訪れて以来、私にとっては初めてではないだろうか。

 検察庁法改悪をとりあえず今国会採決を断念させたというものの、このコロナ禍の情勢の中で、安倍政権は辺野古の新基地建設を進めようとしている。また、原発の再稼働状態を電力会社にやめさせようともしないばかりか、老朽原発の再稼働に向けた工事を続けさせている。まさに嘘とペテンで塗り固められたこんな安倍政権を延命させてはならないとあらためて思う。

|

2020年5月13日 (水)

今週の産直野菜 (5月13日)

20513

今週の野菜が、三里塚から届きました。ニラ、ルッコラ、サツマイモ、小松菜、サニーレタス、ほうれん草、チンゲン菜 以上 7品です。いよいよ葉物のシーズン。『野菜だより』によれば、「5月後半には緑いっぱいの畑に、実をつけ始めた野菜も登場して、1年で一番元気な畑になります」とのことです。そうなるとどかっと12種類くらいの野菜が大きな箱に一杯。今度は、食べれるやろかと、別の心配が・・・。
 コロナ禍で、ゆったり外を楽しむ気分になりにくいですが、今年は気温があまり上がらない(関東は上がっているようですが)ので、散歩には非常にいい雰囲気です。山裾の我が家は、まだ長袖のシャツでも、少しひんやりと。体調が今一つだったこともあり、また、コロナ禍でスケジュールそのものが極めて少ないので、余計にのんびりとしていました。もう風邪っ気も抜け、「少し太った?」と言われるほど体調もよくなりました。さあ、これからです。最後の写真は、我が家の窓から見た、前の公園の新緑です。

20513_20200513135301

|

2020年5月 6日 (水)

今週の産直野菜 (5月6日)

2056

今週の野菜が三里塚から届きました。ニラ、ほうれん草、のら坊菜、大根、サニーレタス、サツマイモ、ラディッシュ 以上、7品目。サニーレタスが届いたので、朝食のサラダがちょっと豊かに。のら坊菜はちょっと食傷気味(すみません)。
写真撮影が終わって、いつもの通りたらいに入れて蘇生。
この時、泥が多いとベランダの植木に分けてやります。

2056_20200506092901

今日は、少なそう。
ついでに、私のパソコンの待ち受け画面。2056_20200506092902 この写真からちょうど一年。大阪府警本部前での毎週土曜日の抗議行動です。「警察は憲法を守れ!」「労働組合の争議に介入するな!」「組合員を取り戻すぞ!」「大阪府警は弾圧をやめろ!」「関西生コンへの不当な弾圧をやめろ!」。コロナ禍で、すでに1か月余り、この行動が中断されています。残念です。しかし、武委員長、柳井副委員長は、1年8か月を越えて、コロナ禍の被害が心配される密室に今も拘留されています。こんな理不尽、違法が許されるか!

|

2020年4月29日 (水)

今週の産直野菜 (4月29日)

20428

今週の野菜が三里塚からとどきました。軽い! 受け取った時の第一印象です。
ラディッシュ、サツマイモ、三つ葉、野良坊菜、ニラ、大根 以上6品です。
『野菜だより』に、可愛い消費者の娘さん(?)からのメッセージがそのまま掲載されていましたので、そのまま無断転載させていただきます。20428_20200429104901

 思わず「その通り!」とつぶやいていた。

 コロナ禍で、集会だけでなく裁判も延期が続いている三里塚。緊張感がいつになく欠けている。こんなことは初めてです。関西実行委員会も会議が出来ず、「仕切り直し」だなと思っています。

 

|

2020年4月15日 (水)

今週の産直野菜 (4月15日)

20415

野菜が三里塚から届きました。ニンジン、里芋、三つ葉、黒豆、タケノコ、葉玉ねぎ、ネギ、大根 以上8品です。それぞれの泥を落とし、洗って、とりあえず冷蔵庫に。早速、タケノコの料理。あく抜きをしてから、ダシと醤油、みりん、酒で味をつけ、一部を細かく切って炊く準備をしていたご飯の中に。葉物がないので、大根の葉を湯がいてからおしたしかなにかにしよう。この時期に必ず入ってきていた野良坊菜が遅れているとか。

全国集会が中止になったあたりから、「新型コロナウィルス感染」が蔓延状態に。陰性か陽性かを点検するPCR検査が、ある程度症状が重くならないと行われないというルールがあるために、風邪をひいても「コロナ」かどうかわからないまま、自宅待機の状態にかなりの人がなっているのではないだろうか。私もその一人だが・・・。風邪が治ってきても、動いていいのかどうか・・・。「緊急事態宣言」という縛りの中で、余計に迷う。とにもかくにも、万一陽性の場合を想定して、ほかの人にはうつさないように努力するしかないか。これがまた「言うは易し、行うは難し」。とにかく、三里塚の元気な野菜をしっかり食べて、健康を守ろう!

|

2020年4月 8日 (水)

今週の産直野菜 (4月8日)

2048

リハビリ、買い物から帰ってくると、扉の前に三里塚から野菜が届いていた。「段ボールには新コロナのウィルスが1日生きている可能性がある」との嘘っぽい情報に、仕方なく外で開梱し、野菜を室内に並べて、段ボールはベランダのゴミのところに。
 
すごい!タケノコが入ってきた。フクシマ以降、放射能が検出されたのを、「年寄りだから、いいや」と購入していましたが、今年は検出されなかったようですね。しかも、この暖かさの故か、いつもより2週間ほど早い? ニンジン、サツマイモ、里芋、タケノコ、エシャロッテ、切り干し大根、ネギ、大根、葉玉ねぎ 以上9品も。葉物がないのは寂しい。
 先だって、買い物でシーア(灘神戸生協)に行くと、まずは年配の男の人がボードを示しながら、入り口で何やら言っている。「開店から10時半まで30分は65歳以上のお年寄りと障碍者など」と言っていて、65歳以下のお客さんは待たされていた(前日、生協からのメールで告知され知っていたが、異様です)。右手の売り場にシャッター、左手の化粧品売り場はシャッターがないので店員がならんで入らないように阻止線。エスカレーターで1階の生鮮売り場に行くと、なんとNHKはじめ3社くらいのテレビ局のカメラと新聞記者がカメラを構えている。「〇〇〇〇宣言」後の初日、にぎにぎしくシーアにマスコミが集まったのだ。あっちこっちで買い物客にインタビューをしている。うんざりして、そそくさと買い物を済ませ、バス停に。バスはがらがら・・・。
 「〇〇〇〇宣言」をしていた昨夜のラジオのNHKニュースの不愉快さを想い出した。とくとくと語る安倍の饒舌を1時間近く聞かされ、スカスカに座らされ限定されたはずのマスコミ各社の質問にも十分答えることなく記者会見は閉じられた。安倍は、内心、舌をペロリと出しながら、「これでいろいろややこしい問題は済ませられた」とほくそ笑んだことだろう。許せない! そのいら立ちが、不愉快さに固まった。その翌朝、この騒ぎにとてもじゃないがなじめなかった!

|

より以前の記事一覧