2018年2月17日 (土)

今週の産直野菜 (2月17日)

18217 先ほど、三里塚から野菜が届きました。

小松菜、ヤーコン、ニンジン、ホウレン草、白菜、大根
以上6品です。久しぶりのホウレン草とヤーコンです。白菜は可愛く、これが最後とか、残念。

 来週月曜日、19日は、耕作権裁判(開廷10時半、601号法廷)。請求異議裁判、新ヤグラ裁判などで、いずれも裁判長の動きは、明らかに審理を尽くさず終わろう(結審)と蠢いてきた。アベ政権の意志が司法を動かしていることは明らかです。いずれの裁判も、弁護団、傍聴席の必死の闘いではね返しましたが、油断ができません。全体として、裁判所の動きがあるように思われます。一つ一つの法廷に全力で結集しようではありませんか。

 19日は、9時から中央公園(千葉市)で簡単な集会をやって、裁判所にデモを行います。すでに支援連は38日の請求異議裁判の「弁論打ち切り策動弾劾!」のビラ配り、街宣活動を先日行っています。反対同盟、支援連の闘いに呼応し、裁判傍聴に駆け付けよう!

 そして集会破壊を狙う芝山町長相川と空港会社に対し、機能強化を許さない、第3滑走路反対の3・4芝山現地集会、3・8請求異議裁判、そして4・1成田市栗山公園での全国総決起集会に決起しよう!

 まずは、219日、耕作権裁判へ!

|

2018年2月10日 (土)

今週の産直野菜 (2月10日)

 18210三里塚から野菜が届きました。

 落花生、ゴボウ、ニンジン、サトイモ、白菜、小松菜、大根、ネギ 以上8品です。今晩の夕食は、鍋(湯豆腐気味)に決まり! 年末の落花生は近くの専門店からの購入分でしたが、今回のは生産者(市東、萩原)のもので、無農薬・有機栽培されたものです。

 三里塚は最低気温は氷点下のようですが、雪はさほどでもなく、日常生活に支障はないようです(『野菜だより』より)。

 東京・千葉の産直総会(225日)が、天笠啓祐さんの講演「種が危ない! -農業の現場と食卓に迫るこれだけの危機」があるようです。種子法などの問題があり、聞きたいなぁ。しかし、この日は「拡大アメーバデモ(若狭湾岸一斉チラシ配り)」の初日、「行けるわけない!」か。来週も、若狭の原発を考える会で15日、16日と高島(滋賀県)などでアメーバデモ。疲れが残ったまま沖縄の名護市長選挙、そして関実の旗開き。体力不足は否めません。おまけに19日は、耕作権裁判に。関東のみなさん。集まってくださいね。

 来週初めに、東灘区住民の会のニュース『おしらせ 第107号』発行。再来週終わりには、関実ニュース『実行委員会ニュース 第108号』発行予定。ごじゃごじゃ言っている暇はないか・・・。

|

2018年2月 3日 (土)

今週の産直野菜 (2月3日)

 雪のせいか、三里塚からの野菜が遅れて先ほど届きました(午後6時)。

 1823_2サトイモ、小松菜、ニンジン、黒豆、ネギ、大根 以上6品です。少量ですが、久しぶりの葉物です。

 明日は関西実行委員会の新年団結旗開きです(午後1時半~、阪急六甲・神戸学生青年センターホール)。三里塚現地情勢が動き始めていることに対応して、第一部で小集会を開きます。関実を代表して、久しぶりに山本善偉世話人から。三里塚から萩原富夫さんを招き、若狭の原発を考える会、関西生コン、市東さんの農地取り上げに反対する会、部落解放同盟全国連から連帯の挨拶、特別出演で歌手の川口真由美さん。
 その上で事務局からの訴えの後、恒例の第二部に。みなさん。一部に間に合うように来てくださいね。

|

2018年1月27日 (土)

今週の産直野菜 (1月27日)

 先ほど三里塚から野菜が届きました。18127大雪の影響で遅れないだろうかと心配していましたが、大丈夫、いつもの時間に。

 ニンジン、八つ頭、ハクサイ、ダイコン(聖護院)、ごぼう、ネギ
 以上、7品です。

 現地からの連絡によれば、先日の「新ヤグラ裁判」で裁判長内田が、内容に関わりなく裁判の進行を急がせようとする訴訟指揮をしたようだ。年末の「請求異議裁判」でも裁判長高瀬は違うが、同じだった。とりあえずは、弁護団・傍聴団の踏ん張りでそれぞれの目論みを阻止したものの、安倍政権の「早くしろ」との意思が働いているように思えてならない。

 2020年オリンピックを口実に、成田空港会社はすでに住民のくらしと人権を無視した「機能強化策」を打ち出し、増便、空港使用時間の拡大を行なおうとしている。さらには第3滑走路建設へ。その過程で、裁判による市東孝雄さんの農地・作業場などの強奪を。こうした国、空港会社の目論みに対応して、芝山町町長相川は、「機能強化」と「第3滑走路建設」に反対して行おうとしている3・4緊急芝山現地闘争の会場使用を拒否して、反対運動に敵対している。

 事態は、急を告げています。みなさん。2月4日の関西実行委員会の新年団結旗開きに結集し、3・4芝山現地闘争、3・8請求異議裁判闘争、4・1三里塚全国総決起集会(成田市内栗山公園)に、いろいろと厳しいでしょうが取り組みを開始してください。

 さて、明日はいよいよ石川一雄さんご夫婦をまねいた「獄友、えん罪に抗うトークセッション」(午後1時半~ 港区民センター)、それを終えて私は明後日から2月2日まで沖縄・名護へ。若狭の原発を考える会は、30日、31日とアメーバデモ。
 さて、野菜をどうするか・・・?

|

2018年1月13日 (土)

今年最初の産直野菜 (1月13日)

 今18113年最初の野菜が三里塚から、今、届きました。
 ニンジン、サツマイモ、カブ、キャベツ、ホウレンソウ、ハクサイ、ダイコン、ネギ 以上、8品です。年末、年始に動きすぎて年末の野菜も少し残っていますが、この程度なら楽勝かな。

 この年末から正月にかけての忙しさが今年一年を表すよう。昨日までのアメーバデモまでの疲れが取りきれないまま、今日も、辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動、狭山神戸アクションは失礼させてもらって、連帯ユニオン・関西生コンの旗開き。明日は阪神大震災23周年集会、「福島原発事故からの避難者の声を聞こう」(午後2時から、新長田勤労市民センター・大会議室)。

 三里塚自体が、「新年団結旗開き」は終わったものの、219日は、午前10時半から耕作権裁判(午前9時から集会、デモ)、34日は第3滑走路問題で芝山現地闘争(詳細未定)、8日は、請求異議裁判、41日が成田市内で全国総決起集会です。

 三里塚関西実行委員会は、この三里塚の煮詰まり始めた情勢に対応して、24日(日)午後1時半から、例年の神戸学生青年センター(阪急六甲近く)で午後1時半から、新年団結旗開きを開催します。三里塚反対同盟から萩原富夫さん、連帯ユニオン関西生コンから西山直洋さん、市東さんの農地取り上げに反対する会から小川正治さん、若狭の原発を考える会から木原壯林さん、そして部落解放同盟全国連合会をお招きし、第一部は関西実行委員会代表者会をかねて開催。その後、懇親会を行います。終わって、萩原さんを囲んで交流会も予定しております。

 新年、2018年を、三里塚をはじめとしたみなさんとともに、「アベ政治を許さない」ながれを生み出す一つの水路とし、市東さんの農地を守り、第3滑走路建設を阻止していきましょう。

 

|

2017年12月16日 (土)

今週の産直野菜 (12月16日)

 171216先ほど三里塚から野菜が届きました。
 ニンジン、サトイモ、山東白菜、ネギ、キャベツ、大根
 以上、6品です。この時期にしては少ないですね。特に葉物がないのがさびしい。

 一昨日、三里塚現地から知らせが届きました。芝山に隣接する多古町の南にある横芝光町の町長が7日の記者会見で成田空港の「飛行延長を認められない」と発表したのです。

 成田空港では現在、飛行使用時間がすでに数度緩和されて午前6時から11時になっています。同じ内陸空港の大阪空港で、騒音被害に苦しむ住民の訴えから、長い裁判で争った末に、現在では午前6時から午後9時に飛行使用時間が制限されています。現状でも成田空港の騒音被害は、横田基地の騒音被害の10倍にあたると専門家も指摘しています。

 171212それを国は、東京オリンピックを口実に大幅な規制緩和を成田空港に実現しようとしているのです。そのことに広範な地域で「出て行けというのか」と怒りの抗議が起こっています。今回の横芝光町長の記者会見はそうした住民の想いを背景にしたもので、当然のことです。

 しかも、そのうえ国が計画している第3滑走路が作られれば、横芝光町はその騒音直下となります。こうしたことを前提にした空港会社の「基本計画を年度内に」という脅しに近い主張が認められるはずもありません。

 三里塚反対同盟は、この事態を受けて、3月4日に芝山町で現地集会を行うことを決めたようです。受け止めて準備に入りましょう。(といっても、どこで? どうやっていくの? ととまどいがありますが・・・)
 同時に、3月8日には、市東孝雄さんの農地にかかる請求異議裁判の口頭弁論が開かれます。すでに報じてきているように、この裁判の傍聴闘争が決定的に重要になっています。
 また、4月1日には、成田市内での全国集会がすでに呼びかけられています。
 大変な一か月になりそうです。

 しかも、大飯原発3号機の再稼働が、神戸製鋼の不正で、格納容器などに問題があることが原因となって2ヶ月延期され3月と言われています。これ自体は、単なる様子見の延期にすぎず、問題を調査することなどができる期間ではないので、より怒りが増していますが、それへの2月、3月の現地で、そして関西電力本店での取り組みが必要となっています。

 考えても始まらない、やるしかない厳しい過程になりますが、みなさん、準備をしていこう!

|

2017年12月 9日 (土)

今週の産直野菜(12月9日)

17129 三里塚から先ほど野菜が届きました。いつもより遅い。宅急便さん、年末のお歳暮騒ぎで忙しいのだろうなと思いながら受け取る。

 水菜、ニンジン、サトイモ、山東菜、カブ、ネギ、大根。以上7品。まだまだ初秋の天候不順の影響か、少ない。
 年末の野菜市の品物から、ホウレンソウ、小松菜につづいて、サツマイモもダメと連絡があったが、残念。

 あらためて農業の大変さ、特にハウスをやらない無農薬の大変さを思います。

|

2017年12月 2日 (土)

今週の産直野菜 (12月2日)

 17122産地塚から野菜が届きました。

 ラディッシュ、サツマイモ、ニンジン、水菜、カブ、大根、ネギ 以上7品。

 秋の天候不順の影響がまだまだ残っているようですね。葉物が少なく、鍋が・・・。まあ、これでやるか・・・。

 ここのところ忙しさにかまけて先週の野菜の報告をFacebookにあげたら、こちらを忘れた。

 それに関西実行委員会の『実行委ニュース 第162号』を11月28日に発行して、すでに皆さんのところに届いたと思います。これも忘れていました。

 今号のニュースは、10・8全国集会、9・25耕作権裁判、11・6請求異議裁判、17112911・20耕作権裁判と報告一色。しかし請求異議裁判で明らかになった空港会社、国の攻撃をはね返すべく来春3・8請求異議裁判への結集を軸に、12・10北原鉱治事務局長を偲ぶ会、1・8三里塚反対同盟2018年団結旗開き、関西の年末団結野菜市、そして関西実行委・2018年団結旗開きを告知しています。そして、財政危機にありますので、カンパのお願い。3・8裁判、そして4・1三里塚全国集会(詳細未定)にむけて、闘いぬこう!

|

2017年11月18日 (土)

今週の産直野菜 (11月18日)

 171118_2三里塚から野菜が届きました。

 サトイモ、春菊、玉レタス、サニーレタス、キャベツ、水菜、葉付きニンジン、大根、ごぼう
 以上9品です。

 内容豊富! 特にキャベツとごぼう。キャベツの巻もきれいですね。寒さが強いからでしょうが。

 明後日、20日午前10時半から、市東さんの南台の農地をめぐる耕作権裁判の口頭弁論があります。請求異議裁判の動きが出てきています。この耕作権裁判も市東さんの農地を守るうえで非常に重要になってきています。
 午前9時から千葉市中央公園で、集会をやって裁判所までデモをします。ぜひお集まりください。裁判だけの場合は傍聴券の配布がありますので、午前10時ころには、千葉地裁1階ロビーにお集まりください。

 来週は、さらに11月23日、農地取り上げに反対する市東さんの会のシンポジウムが開かれます。(詳細は「市東さんの会」のブログをご覧ください。

 さて、これだけの野菜、2往復もしていて、どうしよう?

|

2017年11月 4日 (土)

今週の産直野菜(11月4日)

 17114三里塚から早々と野菜が届きました。

 じゃがいも、鷹の爪、カブ、ネギ、サツマイモ、枝豆 以上6品。葉物がなく、ちょっと淋しいですね。

 それに福島の大内果樹園さんからいただいた梨(新高)が添えられています。10月29日に予定されていた「産直交流会(芋ほり大会)」が台風で流れたのですが、そこにたくさんの梨を届けられていたそうです。
 わたしはひょんなきっかけから2011年秋から毎年、購入させていただいています。今年も2種類、味わいました。ほんとに美味しいですよ。
問い合わせ先 〒960-8057 福島市笹木野字内畑 15-2 大内果樹園
          ☎(TEL/FAX) 024-556-0363

 明後日、市東孝雄さんの農地をめぐり、昨年秋の最高裁決定を不服とし、農地強奪の強制執行をするなと闘われている「請求異議裁判」が千葉地裁601号法廷で午前10時半から開かれます。三里塚反対同盟は、法廷に先立って、午前9時から打ち合わせ(集会・中央公園)とデモを呼びかけています。みなさん。集まりましょう。私たちも駆けつけます。

|

より以前の記事一覧