2019年6月19日 (水)

関生弾圧裁判と今週の産直野菜(6月19日)

19619

今日、関西生コン支部の弾圧裁判に合わせて「労働運動つぶしの大弾圧を許さない緊急座り込み集会」が大阪地方裁判所の前で開かれました。前回は傍聴券が当たり一日法廷の中でしたが、今日ははずれ、8時間半、裁判所の前で三里塚関西実行委員会の旗を持って座り込みました。天気がよく、半分余りは猛暑。道路の照り返しも強く、さすがに疲れました。

19619_1

その集会に、三里塚からメッセージが寄せられ、私(松原)が紹介しました。

 6.19労働組合つぶしの大弾圧を許さない緊急座り込み集会にご参加の皆さん、大変ご苦労様です。
  私は成田空港建設に反対し、空港敷地内で農業をしています。三里塚は今、53年間の闘いの勝利によって土地収用法による強制収用が出来ない状態にあります。しかし政府国交省と空港会社は、反対する農民を追い出し三里塚闘争を潰すために市東孝雄さんの農地を裁判所の力を使って強制収用しようとしています。市東さんは私と共に有機農業を営み、消費者に直接野菜を届ける産直で生活しています。成田空港が生き残るために、なぜ農民が犠牲にならなければならないのでしょうか?人間にとって欠かせない食料を生産する農地と農業は、何も生まない空港になんかには代えられません。「農地は命」これが私たちのスローガンです。
  関西生コン支部への弾圧は、労働運動そのものを潰してしまおうとする、とんでもない大弾圧です。ストライキは労働者のやむにやまれぬ闘いであり、それ以外に要求を貫徹する方法はないでしょう。ストライキを違法とすることは労働組合の否定です。
  資本家と政府は、労働者や農民の命をとことん搾り取って一部の金持ちだけが生き延びるため、三里塚や関生に対する攻撃をかけているんだと思います。非常に厳しい闘いですが、この弾圧を跳ね返す闘いの中から新たな闘いの展望がひらけると思います。遠く三里塚の地からではありますが、闘いのエールを送ります。共に闘いましょう。
       
三里塚芝山連合空港反対同盟    萩原富夫

 終わって帰ると、産直野菜が届いていました。

19619_2

 モロッコインゲン、キュウリ、キャベツ、ピーマン、玉ねぎ、ニラ、ニンジン、ニンニク、ズッキーニ、大根 以上10品です。大根の葉に少し痛みがありましたが、後は大丈夫。ニラとキャベツ、大根の葉は蘇生の水に漬けてやりました。
 萩原さんのメッセージにあるように、関西生コンのみなさん、そして沖縄、福島のみなさんとともに頑張りましょう。

|

2019年6月 6日 (木)

今週の産直野菜 (6月6日)

1966

先ほど三里塚から野菜が届きました。「なんで、こんなに遅く?」と思われるでしょうが、昨日は「播磨灘を守る会」の代表であった青木敬介さん(86歳)がこの1日に逝去され、「5代目住職」をされていた網干の先にある西念寺で葬儀が行われ、行ってきたのと、住民の会の事務局会議があり、昨日は野菜の受け取り不能に。仕方なく今日午前中にお願いしていたら、積み込みを忘れられ、昼の便に。ということで先ほど届きました。
 春菊、そら豆、きゅうり、ズッキーニ、ニンジン、新玉ねぎ、ルッコラ、玉レタス、カブ、それにスナップエンドウ(写真撮り忘れ)、以上、10品です。

 この暑さですから、さすがにルッコラは壊滅的、玉レタスも表面は傷んでいます。慌てて、タライの水に漬けてやって蘇生を今していますが(後の写真)、さてどうでしょうか。
 1日でこの調子です。来週は、12日(水)、13日(木)と若狭の原発を考える会でアメーバデモ(ビラ配り)で泊り込み。到底無理ですので、来週の野菜はパスさせていただきました。
 三里塚の耕作権裁判、新ヤグラ裁判と立て続けに法廷が延期に。そのため6月30日の「第3回樫の木まつり」まで、現地へはご無沙汰です。さすがに珍しい。

 9月24日の請求異議裁判控訴審の第1回口頭弁論、そして10月13日の全国集会に向けて、みなさん、準備しましょう。1966_1

|

2019年5月29日 (水)

今週の産直野菜 (5月28日)

19528

三里塚から野菜が届きました。さっそく仕分けして、蘇生をするものは水の中に。

そら豆、きゅうり、スナップエンドウ、サツマイモ、玉ねぎ、ニラ、玉レタス、ズッキーニ、葉つきニンジン、カブ 以上10品です。いよいよ賑やかになってきた。しかし『野菜だより』によれば、「暑い日もありますが、温度差があって地温が上がりません。雨量も少なく、水不足気味です」とか。大変ですね。しかも「葉物野菜、カブなどは、勢いを増す虫との攻防中です」。猛暑になると出る虫も違ってくるようで、この時期のこの気候は、虫の天下でもありますね。無農薬ですから、虫にも美味しい。三里塚現地で丸坊主にされた畑を見たことがあります。

裁判所というところが、裁判官というものが、いかに「理屈をこねるだけ」の無内容な「小役人」にすぎないか、昨日の仙台の「優生保護法被害国賠訴訟」の判決にほんとに怒りを覚えました。しかし、市東孝雄さんの農地を守るために請求異議裁判、耕作権裁判など、全力で闘っていくしかありません。「農地はわたしのいのちです」との市東さんの言葉を守り抜きましょう!

早速、そら豆、スナップエンドウは湯がきました。19528_2 19528_1

|

2019年5月16日 (木)

今週の産直野菜 (5月16日)

 19516

 先ほど三里塚から野菜が届きました。土曜日が確実に関西生コン弾圧に対する大阪府警本部前での抗議闘争に重なり、また辺野古神戸行動の月1回のミーティングなどでかなり逼迫しているため、今回から水曜日配達の方にまわしてもらいました。一週分とばしたので、久しぶりに思えます。といっても昨日(水曜日)は、一日中、大阪地裁で、「労働組合つぶしの大弾圧を許さない座り込み集会」と、私は昼から3時間半の裁判の傍聴があり、野菜はまたまた追い出され、今朝に。少し萎れていますが、水に漬けてやりましたので大丈夫でしょう。
 今週の野菜は、チンゲン菜、サツマイモ、ラディッシュ、サニーレタス、水菜、玉レタス、大根、カブ 以上8品です。

 『野菜だより』によれば「萩原は4/28、市東は5/5に田植え終了。畑もどんどん緑に変身中です。梅雨に入る前のさわやかな季節にできるだけ仕事を進めておきたいと奮闘中です」とあります。忙しそう。そんな中で、萩原さんは今日は子どもさんの運動会で、ビデヲ撮影に奮闘中とかFBに流していました。いいね。

 最後の写真は、昨日の大阪地裁前で、朝、傍聴団を送る時のシュプレヒコール。昨日は「座り込み集会」に150人が集まったようで、大法廷も広域連合を圧倒する6割以上がこちらの傍聴団でした。

19515  

|

2019年5月 4日 (土)

今週の産直野菜 (5月4日)

1954

 三里塚から久しぶりに早々と野菜が届きました(助かった!宅急便の担当者によってコースの取り方が変わり、ここは最初の方か、最後の方)。サツマイモ、水菜、春キャベツ、ラディッシュ、サニーレタス、小松菜、大根 以上7品。サラダでいただけるものが豊富!

 別便で、『農地は みんなの命』のリーフレットがどさっと届いた。ありがとうございます。住民の会の『おしらせ113号』の発送準備がほぼ終わっていて、このリーフレットを入れて封をする準備が終わっていたのです(今気が付きましたが、号数がまちがっていて「112号」になっています。校正ミス)。それも終わり、野菜を蘇生させてからの片づけも終わり、ゆっくりと辺野古神戸行動に参加できます。なにしろ毎週同じ時間帯に関西生コン支部への弾圧に抗議するために大阪府警本部前(大阪城公園前)に行っていて、神戸行動には7か月ぶりくらいかな?

 ゆっくり昼食をいただいて、出かけます。助かった!

1954_1

|

2019年4月27日 (土)

今週の産直野菜 (4月27日)

19427

 三里塚から遅れて野菜が届きました。のら坊菜、サツマイモ、春キャベツ、サニーレタス、大根、以上5品です。遅かったので、野菜たちをタライの水に漬けるのがやっとで、出かけました。といっても、辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動のミーティングには行く予定だったけれどもパス。関西生コン支部に対する違法・不当な弾圧への大阪府警本部前での抗議行動に参加した。

 帰ってきていろいろやっていたら、ブログの掲載を忘れ、今に。

19427_1

|

2019年4月20日 (土)

今週の産直野菜 (4月20日)

19420

 三里塚から野菜が届きました。さすがに端境期に突入か。届いた箱が軽い。
大根、サツマイモ、のら坊菜、エシャロット、ネギ、以上5品です。

 昨夜連絡が入りましたが、市東孝雄さんの農地にかかる農地法裁判の最高裁決定に対する請求異議裁判。
 不当な反動判決が昨年末、12月20日に出されましたが、それに対する控訴審が、7月末に弁護団から控訴趣意書が提出され、9月24日(火)午後2時半より、控訴審の審理が開かれることになりました。みなさん。注目し、現場に駆けつける準備を始めてください。農地法裁判の控訴審の時に、故萩原進さんが「霞が関に攻め上ろう」と提起し、3・23芝公園での初めての東京での三里塚集会・デモが行われ、その3日後に控訴審が開かれたことを思いだします。萩原進さんはその闘いに想いを寄せながら、年末の12月21日に心筋梗塞で亡くなられました。

 特に、首都圏の中での三里塚、市東さんの問題、農民・農業の問題を訴え、人々の注目を集めることが大切です。現地のみなさんはもとより、関東、首都圏のみなさんの取り組みに期待します。

 Dsc_0053

 野菜を整理したら、大阪府警本部前で開かれる全日建連帯労組関西生コン支部への悪どい大阪府警、滋賀県警、警察による関西生コンへの弾圧・組織破壊攻撃を許さない抗議行動に出かけます。
 先週木曜日には武委員長など2人の再逮捕、そして今週、昨日までの家宅捜索が続いています。尋常ではありません。知恵を振り絞り、多くの人々に呼びかけていく努力が必要になっています。上の写真は、大阪地検への抗議行動で、張り出されている支援者Mさん作成の横断幕です。創意工夫を凝らした闘いを始めていこう!

|

2019年4月19日 (金)

請求異議審、控訴審 9月24日

市東孝雄さんの農地に関わる請求異議裁判の昨年12月20日の千葉地裁判決に対する控訴審が、9月24日(火)午後2時30分から、東京高裁でと決まったようです。

 みなさん。9・24東京高裁に集まりましょう!

|

2019年3月 9日 (土)

今週の産直野菜 (3月9日)

 三里塚から1939野菜が届きました。
 ルッコラ、小松菜、サツマイモ、ニンジン、ヤーコン、からし菜漬け、切り干し大根、ホウレン草、チンゲン菜、ネギ 以上10品も。チンゲン菜とヤーコンが最終のようです。ヤーコンは小さな短冊に切ってドレッシングをかけてサラダで食べるのが大好き。果物のような感触。きんぴらにするとか天ぷら、煮物、いろいろ周りで言ってくれますが、やはり「サラダ」。初めて来たときは、どうして食べるのかわからず、現地に問い合わせ。「サラダが一番おいしい」とご教示。それ以来です。関西ではあまり知られていないようです。

 1939_2来た野菜は、根菜以外は、冬場の今でも記念写真をとるとすぐに流しの水を張った大き目の盥にいれてやって1時間。「蘇生」をします。なにしろ今日でも18時間ほどかけて運ばれてきているのですから。こうすると、以前にも書きましたが、今なら10日以上、元気になって大丈夫です。ホウレン草など傷みやすいのは、折れたものとかを外して、先に食べます。だいぶまめになったのかな。

 今週は、炒めるためにもやし、玉ねぎ、それに大根を「買い食い」しましたが、それでも先週の分は、ほぼ完全に食べれました。野菜を食べているのが増えたのでしょうね。特に今週は、1日半もアメーバデモで家に居なかったのですから。(来週も、14、15日とアメーバデモですが。)

 昼食を済ませて、大阪府警前に関西生コン支部弾圧・組織破壊攻撃への抗議闘争に行きます。これまで、別に自己主張することもないかと「若狭の原発を考える会」の旗のもとにいたのですが、みなさんから言われ、今日から「三里塚関西実行委員会」の幟旗を出します。みなさんもお出でください。京都、滋賀の方は滋賀県警に。

|

2019年3月 2日 (土)

今週の産直野菜

 先1932ほど三里塚から野菜が届きました。

 小松菜、ヤーコン、ニンジン、ホウレン草、ルッコラ、ネギ 以上6品です。さすがに品数が減ってきましたね。

 「野菜だより」にも、「端境期―冬野菜徐々に終了、葉物は十分ありますが、春野菜はもう少し待って」とあります。私には、葉物があれば上等! しかし、「生育中」とかの大根が待ち遠しい。

 先日、高浜(福井県)の方にお聞きしたら、「今年は昨年末から雪がない、こんなことは初めてだ」とのことでした。19331私たちのアメーバデモ(ビラ配り)には助かっていますが、野菜にはどうなのでしょうね。

 野菜と一緒に「3・31三里塚全国集会」のチラシが届きました。
 市東さんの農地裁判の請求異議裁判の控訴審が始まろうとしています。そしてオリンピックを口実とした「規制緩和」が強行されようとしています。さらには、第3滑走路の建設に向けた地元住民への「諦め」を組織して、土地、農地の強奪が始まっています。
 このような安倍政権の「したい放題」を許さないために、今、三里塚の闘いが重要であり、注目されています。
 沖縄の2・24県民投票の大勝利に学び、「あきらめない」と安倍政権に立ち向かっている沖縄のみなさんとともに、闘いぬこう!
 3・31成田市内の赤坂公園に集まろう!

|

より以前の記事一覧