2018年7月14日 (土)

今週の産直野菜 (7月14日)

 先ほど三里塚から野菜が届きました。

 

18714_3ニンニク、玉ねぎ、ジャガイモ、オクラ、ナス、キュウリ、トウモロコシ、セロリ、ピーマン、ニンジン 以上10品です。この異常な暑さと、突然の大雨(千葉はあまり降らなかったようですが)。この異常な気象の中で、それぞれなりに野菜たちが育っているようですね。オクラが来ると、「夏やなぁ」と思いますね。

 

 すでにお知らせしているように、今週、717日(火)午後2時より千葉地裁で市東孝雄さんの農地をめぐる請求異議裁判の口頭弁論が開かれる。

 前回法廷では裁判長は、この日に結審という方針を打ち出し、73日の進行協議で、石原健二、内藤光博両氏を証人としてではなく「補佐人」として意見を述べていただくという譲歩を裁判所が行った。その上で、最終弁論をしてこの日結審と裁判所は主張。

 9日、再度開かれた進行協議で、裁判所がさらに譲歩し、927日(木)に、弁護団の最終弁論、市東さんの意見陳述を行って、結審することになった(時間は未定)。717日、927日、全力で傍聴に駆け付け、千葉地裁・高瀬裁判長を追い詰めましょう。

 今日の朝日新聞に「野村HD 農業に投資 -ICTで省力化・成田を輸出拠点に-」なる記事がでた(「18.7.14朝日新聞・農業.pdf」をダウンロード)。成田で輸出できる野菜を作り成田空港からという記事だ。18714_2その最後に「日本の農業は、高コストや人口減による後継者不足が指摘されてきた。だが、野村A&Aの大野敦幸社長は「農業は手つかずの部分があり、伸びしろがある。やりようによっては成長産業になる」と強気だ。」とある。

国家権力は農業本来のあり方を明治以来の近代化・富国強兵政策、帝国主義化の中でとことん収奪し、疲弊させてきた。その上で、戦後の「農業基本法」「農政改革」の中で、小規模農業、家族農業をさらに収奪し、「農地法」改悪を通して、農地の収奪を強行してきた。それに対する象徴的な農民闘争が50年を超える三里塚闘争であり、不法・不当な最高裁決定(多見谷地裁判決)をめぐる請求異議裁判闘争である。2000年代以来、自民党農政の尖兵となり、かかる農業破壊のキャンペーン(TPP賛成も)をマスコミの先頭ではる朝日新聞の蠢きを許さず、三里塚、そして全国の農民とともに小規模農業、家族農業を守る闘いとして三里塚に注目し、三里塚農民とともに闘おう。

|

2018年7月 9日 (月)

今週の産直野菜 (7月9日)

 

 先ほど、三里塚から野菜が届きました。1879土曜日の荷受けが通常なのですが、土曜日の『つながろう・ひろがろう』集会を大雨の中強行して、そのまま千葉に向かい、日曜日は成田現地での『樫の木まつり』。終わって帰ってきたら日付が変わった。

 

 という事情で、野菜たちは、クロネコさんの倉庫で2日間泊めていただいたことになります。届いた箱を開けて、「この面子ならば」とほっと一安心(ミニトマトがちょっと心配、味は落ちるだろうな)。ピーマン、ジャガイモ、ニンジン、ナス、ニンニク、ミニトマト、キュウリ、玉ねぎ 以上8品です。

 

 昨日の樫の木祭りは150人が参加して、出かけた関西では想像できなかった晴天・青空の下での行事でした。明日、関実ブログで報告をアップしますが、717日、市東孝雄さんの農地に対する最高裁決定をめぐる請求異議審が結審する(9月ごろ判決か?)ことを受けて、緊張感がある「集会」「デモ」「呑み会」でした。請求異議審が1年以上かかっており、そのことで、昨年始めた『樫の木まつり』が今年もできたと指摘され、そういう想いのこもった集会だったんだと感じた。

 

 717日の正午、千葉中央公園に集まって、簡単な集会とデモをして傍聴態勢にはいります。昨日発言して、またわずか9日で発言しなければと思うと気が重いのですが。

 

|

2018年7月 1日 (日)

今週の産直野菜 (6月30日)

 昨日午前中に、三里塚から野菜が届きました。18630 ピーマン、モロッコインゲン、ジャガイモ、玉ねぎ、ニンニク、ニンジン、コスレタス、トウモロコシ、キュウリ
 以上、9品。キュウリがここ3週連続で多いのにはびっくり。

 昨日は、辺野古の神戸行動のミーティングからはじまって、4連荘のハードスケジュール。淡路の安藤さんから届いた「請求異議裁判」(6月28日)の報告をアップするのがやっとで、この報告が今日になりました。
 
他方、関西生コンから、市東さんの農地署名が1447筆届きました。

 さて、今週は月曜日が京都で「再稼働反対」の実行委員会。水曜日は、名古屋高裁金沢支部で、大飯原発の再稼働をめぐる控訴審判決公判、その日は熊川宿に泊まって、翌日、若狭のアメーバデモ。金曜日は関電包囲行動、土曜日は辺野古の神戸行動の後、「つながろう・ひろがろう集会」、終わり次第、翌日の三里塚現地での樫の木祭りのために千葉に直行。さて、野菜を食べる暇があるのだろうか・・・。若狭で食べていただくか・・・。

|

2018年6月23日 (土)

今週の産直野菜 (6月23日)

 三里塚から野菜が届いたのが12時直前。18623とりあえず写真を撮ってコスレタスを水につけて飛び出した(帰ってきたら、カギをかけ忘れていた)。辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動、そして狭山再審を求める市民の会こうべ、それぞれの宣伝活動をやり終えて、狭山の仲間と「一杯」楽しく交流して、大阪へ。「差別・排外主義を利用し労働組合潰しをおこなう資本・権力の弾圧に抗議する623総決起集会」。中之島公会堂大ホールの1階ばかりか2階にも。1000人を超える大集会になった。慰霊の日にもかかわらず、沖縄から山城博治さんもかけつけ、熱気のこもったいい集会だった。

若狭の原発を考える会のみなさんが来ておられて、当然のように大阪駅近くで交流会。いい気分になって帰ってきました。

18623_2届いた野菜は、キュウリ、ズッキーニ、玉ねぎ、ジャガイモ、なす、ピーマン、ニンニク、ニンジン、コスレタス、トウモロコシ、モロッコインゲン 以上11品。

いよいよ、こんどの28日、市東孝雄さんの農地をめぐる請求異議裁判の市東さんご本人と萩原さんの証人尋問だ。重大な山場です。国策による農地強奪など絶対に許されない。みなさん、傍聴と裁判所包囲の行動に起とう!

|

2018年6月16日 (土)

今週の産直野菜 (6月16日)

 

 今週は、三里塚から野菜が早々と届きました。18616写真左上から、コスレタス、キュウリ、新じゃが、春菊、ニンジン、水菜、モロッコインゲン、ピーマン、ズッキーニ、大根、新玉ねぎ 以上、11品。今週も多い! 今週は、20日、21日と若狭にアメーバデモに。さてどうやってこの野菜たちに立ち向かうか・・・。

 市東孝雄さんの農地への「国策」の名の下での強奪を図る最高裁決定。それを「異議あり!」としてはじめられた請求異議裁判が重大な山場を迎えています。先日の524日、加瀬勉さん、小泉英政さんのともに闘った農民からの証言は、最高裁決定の不当性を明らかにしました。2週間後の628日には、ともに「三里塚産直の会」を進めてる萩原富夫さんと、本人、市東孝雄さんの証言・本人尋問です。多くのみなさんが傍聴に駆け付け、18628傍聴席をいっぱいにするだけでなく、千葉地裁、裁判所を包囲する闘いを実現し、結審策動をにおわす裁判所に反撃しましょう! 正午、裁判所近くの千葉市中央公園に正午に来れる方はお集まりください。簡単な集会と、裁判所に向けたデモを行います。

 

 裁判は午後2時から601号法廷ですが、傍聴券の配布が、不当極まる検問の後行われますので、午後1時半までに千葉地裁一階ロビーにお集まりください。いきなり検問です。

 

 この日の闘いを全力で闘いぬき、市東さんの農地を守ろう! 安倍政権による「TPP11」や「種子法廃止」「減反政策廃止(減反政策それ自体に問題があるとしても)」などの農民、農業への解体攻撃を許すな! 小農、家族農業への解体攻撃を跳ね返そう!

 

|

2018年6月 9日 (土)

今週の産直野菜 (6月9日)

 宅急便が雨のためか、三里塚の野菜が大阪に着くのが遅れ、配達されたのが夕方。1869_2キュウリ、ニラ、赤玉ねぎ、ルッコラ、春菊、水菜、ニンジン、ズッキーニ、チンゲン菜、カブ 以上10品です。キュウリをはじめ、それぞれの量が多い! 気温の高さに葉物が萎れています。水に浸ければしっかりしてくると思うのですが・・・。 

 明日、三里塚現地は「じゃがいも掘り産地交流」の予定ですが、大型の台風5号の接近で難しいかな。畑見学など楽しい、初夏と秋の年2回の産地交流ですが、どうでしょうか。

 

 この風味豊かな、美味しい、そして力強い野菜たちを作ってくれている農民の一人、市東孝雄さんの畑、南台と天神峰の畑が、裁判所によって成田空港の整備のために強奪されようとしています。空港会社による証拠の偽造など様々な違法、不法を無視して、「国策」を根拠に行われた千葉地裁の多見谷判決と、それを追認した東京高裁、最高裁判所の決定を「異議あり!」として行われている請求異議裁判が、重大な局面を迎えています。先日、5月24日、農民の加瀬勉さん、小泉英政さんによる証言がありましたが、今度、6月28日には、農地を耕す市東孝雄さん本人と、ともに産直野菜を作っている農民の萩原富夫さんの証言があります。裁判所は、これで結審を強行し、判決を出そうとしています。空港のために、「国策」を理由に、こんな素晴らしい野菜を作っている農地を強奪し、コンクリートで埋めようなどということは断じて許されません。6月28日午後1時半までに、千葉地裁にお集まりください。 

|

2018年6月 2日 (土)

今週の産直野菜 (6月2日)

 

 三里塚から野菜が届きました。

 

 1862キュウリ、キャベツ、ラディッシュ、ブロッコリー、ズッキーニ、赤玉ねぎ、小松菜、チンゲン菜、カブ、ニンジン、以上10品です。

 

 今週は、3日に京丹後で「Xバンドレーダー基地(米軍基地)反対闘争」がありますが、泊まりはなく、会議が多いので、食事はゆっくりと自宅でできる。しっかりと夏に向けて、野菜で体力をつけよう!

 

 しかし、一昨日の激しい雨には、びしょ濡れになり、寒くて昼食時に震えが止まらないなど、体力を消耗したようで、昨日のアメーバデモ(約22千歩)の疲れが取れない。昼から「辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動」、夜は会議があるが、ゆったりといこう。

 

|

2018年5月26日 (土)

今週の産直野菜 (5月26日)

 三里塚から野菜が早々と届きました。多い。

 18526ズッキーニ、そら豆、赤玉ねぎ、春菊、ブロッコリー、ラディッシュ、玉レタス、キャベツ、キュウリ、ニラ、葉付きニンジン 以上 11品です。先週23日の雨のためだと思いますが、ニンジン、ラディッシュについている泥が半端じゃなかった。それで、洗ってやって衣装直しをして写真を撮っています。

 「野菜だより」にも書かれていますが、「サラダ野菜」満載。これは食べるのに苦労しない。来週は、若狭のアメーバデモで2日居ないのだが、何とかして、食べよう!

 一昨日、市東さんの農地に対する最高裁決定をめぐる請求異議裁判で、加瀬勉さん、小泉英政さんの証言があり、特に小泉(大木)よねばあちゃんの生活と、1971年9月20日の強制代執行、家と土地の強奪の不当性が暴かれました。私は、他から来た人に立ち会ってほしいという想いから、法廷の外にいて聞いてはいませんが、報告会での弁護団をはじめ皆さんが語られる雰囲気から、加瀬さん、小泉さんの証言が法廷と裁判官たちを圧倒したことを感じました。

次回は、6月28日(木)午後2時から千葉地裁、601号法廷です。先立って集会が正午から近くの公園(中央公園か葭川公園)で開かれ、デモで裁判所に向かいます。傍聴券の配布・抽選がありますので1時半までに裁判所に行く必要がありますが、最近の千葉地裁の不当な入所にあたっての検問がひどいために時間がかかりますので、余裕をもってお出でください(もちろん、毎回弁護団を先頭に不当検問に対する抗議の闘いが取り組まれています)。関西からも、この傍聴券配布までなら行けます(頑張れば集会からも)。ぜひ、行きましょう! 一昨日も、数十人の人が傍聴できなかったですが、そのことが必要です。裁判所を包囲するような、怒りの輪を実現できればと念じています。

|

2018年5月19日 (土)

今週の産直野菜 (5月19日)

 

先ほど三里塚から野菜がとどきました。

 

 18519ニラ、葉付きニンジン、赤玉ねぎ、スナップエンドウ、ラディッシュ、山東菜、玉レタス、ソラマメ、カブ、以上9品です。

 

 来週5月24日は、いよいよ市東さんの農地の強制収用(最高裁決定)を許すのかどうかをかけた請求異議裁判の証人尋問が始まります。次回は、小泉英政さんと加瀬勉さんです。

 

 裁判所は、次々回、萩原富夫さんと本人の市東孝雄さんへの尋問で打ち切り、結審へ進もうとしています。それを許さないためにも、『野菜だより』も訴えていますように次回の裁判への傍聴を先頭とした裁判所包囲の取り組みが重大になっています。正午、中央公園に(集会とデモ)。そして1時半裁判所1階ロビーにお集まりください。

 

 そのためにも市東さん、萩原さんが作ったこの野菜たちを食べて、と思っていたのですが、明日は朝から「狭山再審を求める市民の会こうべ」の神戸駅前での座り込み行動。私はそれを中座して、「若狭の原発を考える会」のアメーバデモに、翌日まで。その翌日は、「大飯原発うごかすな!実行委員会」の会議が京都で。23日は、朝から出かけて日比谷野外音楽堂での狭山全国集会とデモ。その翌日が、千葉で請求異議裁判。ほとんど家にいない!

 

 さあ、どうしよう・・・。

 

|

「成田空港機能強化」合意について  関実ニュース164号より

「成田空港機能強化」合意について

  ― 地域社会を崩壊させる激甚騒音の拡大・深刻化

去る3月13日、成田空港の航空機発着容量を増やす計画をめぐり、国と千葉県、空港周辺9市町、成田国際空港会社は合意した、とのニュースを聞き、怒りがこみあげてきました。またしても住民の声を抹殺する暴挙であり断じて認めるわけにはまいりません。4月1日反対同盟の全国集会で基調報告にたった萩原富夫さんは「横芝光町の佐藤町長が激しい住民の怒りを前にして、一時は「留保」姿勢を見せましたが、商工会などの圧力に屈して合意にいたりました。しかし、これで終わりではありません。これからが本当の闘いです。50年前と何ら変わらぬ住民無視の暴挙と対決し、新たな北総住民の反乱を巻き起こしましょう」と抗議の意思を示し、住民と共に闘う決意を表明されました。私たちも関西で成田空港機能強化(夜間便増大と第三滑走路新設・B滑走路の延伸)の悪政をはのける闘いを続けましょう。

 深夜便による生命蹂躙と生活破壊

 日本の内陸空港のほとんどが夜間飛行の制限を守っています。とりわけ伊丹空港(大阪空港)では夜9時以降あさ7時までの飛行は禁止されています。これは殺人的な空港騒音の生活破壊と人権蹂躙が続く同空港の夜間飛行禁止を求めて周辺の住民が訴訟を起こし、1975年11月大阪高裁は「夜9時以降翌朝7時まで飛行禁止」の判決をくだし、国もこれに従って40年以上守っています。周辺住民のことを配慮する当然の政策です。しかし、成田空港では同じ内陸空港なのに1978年の開港以来、夜11時以降翌朝6時までの空港会社優先の短い飛行制限で運用を続け、地元成田や周辺住民に激甚な航空機公害を垂れ流してきました。Photoこのことを反省することなく、「成田空港は国際線基幹空港として、国内外100都市以上と結ばれており、日本の空の表玄関としての役割を果たしています。今後も増加が予測される首都圏の航空需要に対応し、成田空港がその役割を果たしていくためには、周辺地域との共生・共栄を図りつつ、成田空港の一層の機能強化を図ることが必要です」と国・空港会社、千葉県を中心として反動的な機能強化策がごり押しされています。

 千葉県の「ハブ空港としての成田空港、今後も拡大する航空需要、だから第三滑走路建設、深夜便拡大」との掛け声は、説得力のない絵空事であり、羽田空港の拡張に焦りを募らせている悪あがきと言わねばなりません。

 国の環境省自身が機能強化策に対し環境悪化の懸念を示しています。「成田空港本事業の実施に伴い、航空機の年間発着回数が現在の25万回から最大50万回に増加するため、航空機の発着回数の増加に伴う騒音の発生、温室効果ガスの排出、大気汚染物質の排出等による影響が懸念される。特に、航空機騒音については、空港周辺の測定地点における環境基準の達成状況が平成26年度時点で61%であり、航空機の発着回数の増加により騒音が影響を及ぼす範囲の拡大及び飛行経路周辺における騒音レベルの増大が生じ、周辺の生活環境が更に悪化するおそれがある」(2016年8月18日環境大臣の意見書より)と意見を述べるほど広範な環境破壊が予想されるのに、利権第一で、あわよくば周辺住民と空港反対同盟の闘いをつぶそうとしているのです。

 

 「静かな空を壊さないで」- 周辺住民の声広がる

 この機能強化の強引な策動に対し、周辺住民の皆さんの怒りが広まっています。反対同盟は宣伝カーをもちいて広範囲に街宣活動を行い、共に闘う陣形を作りつつあります。先日関西から仲間と共に三里塚の現地調査に訪れた事務局の松原さんが「芝山町のあちこちに、飛行時間延長反対の大看板があつた」と報告してくれました。

 一昨年の関実ニュースに安藤は横芝光町で反対の声を上げている農家Aさんの声を紹介しました。「静かな夜を壊さないで」この声こそ住民の生活をかけた意思だと思います。横芝光町をはじめ多くの自治体での説明会で、住民の反対の声が発せられたことをマスコミは報道しています。にも拘わらず、性急にすすめようとしている国、自治体の動きを許してはなりません。かつて国自身が「強引な空港つくりをしません」と反対同盟の皆さんに謝罪し約束したことをどう考えているのでしょうか。

反対同盟は周辺住民の怒りに応えて、市東さんの農地を守る闘いを中心に頑張り続けています。私たちも、関西で運動を広げ、市東さんの裁判傍聴、署名活動、学習会などを精力的に取り組みましょう。 

                  (安藤眞一)

|

より以前の記事一覧