2019年12月28日 (土)

年末野菜市の野菜が届きました

191228

第43回三里塚団結野菜市の野菜が三里塚から届きました。ズシリと重いし、箱が大きい(下の写真)。
さといも、サツマイモ、ニンジン、小松菜、千葉半立ちの落花生、白菜、ホウレンソウ、ネギ、大根、ごぼう 以上11品です。写真を見ると白菜が実はでっかいので、ほかのものが小さく見える。大根もでっかい!この秋の2度にわたる台風と大雨の影響を感じさせない、立派な「三里塚の野菜」たちです。191228_20191228100301

 昨年末、農地裁判の最高裁決定を受けた請求異議裁判の千葉地裁判決を受けた控訴審の闘いで今年は始まった。それは、この1月16日に2回目の口頭弁論が開かれることになり、「棄却攻撃」をはね返しています。
 また、この秋11月、国(国交省)は、これまで進めようとしてきた暫定滑走路の延伸、第3滑走路の新設と機能強化の攻撃を正式決定してきた。95%の地権者が交渉に応じてきているとキャンペーンが張られているが、「話を聞いてもいいよ」という程度に過ぎないことが明らかになっている。

 安倍政権によるアメリカとの貿易交渉(FTA)に見られるように、今、私たちの国は、戦後一貫してきた自民党農政の最悪の形としての「食料は安いものを輸入すればいい」と資本主義の本質でもある「儲かるものをやればいい」とばかりに農業解体、農民切り捨ての政策を、種子法の廃止の具体化に象徴されるように強引に推し進めてきている。第3滑走路建設と暫定滑走路の延伸によって新たに収奪されようとしている農地などは1100ヘクタールに及び、現在の成田空港と同規模というでたらめなものだ。安倍政権の政策に展望を失った農民、住民を金の力で叩き出そうとするこのような政治をどうして許せるか!

 私たちは、あきらめることなく立ち上がろうとしている北総のみなさん、そして三里塚反対同盟のみなさんとともに、そして沖縄のみなさんや反原発・原発廃炉をもとめる多くのみなさんとともに、「国策」を掲げる安倍政権のやり口を許さず、ぐらつき始めた安倍政権打倒に、新しい年を進もう!

|

2019年12月18日 (水)

今週の産直野菜 (12月18日)

191218 

 三里塚から野菜が届きました。箱が大きくて、ずしりと重さがある。「???」。開けてびっくり、先週に続いてでっかい白菜が。まだ先週のが食べきれない・・・。ぼやいても仕方がないか。 
 ジャガイモ、サツマイモ、ニンジン、ラディッシュ、小松菜、白菜、大根、ネギ、カブ 以上9品。完全に台風、大雨の被害から大地が立ち直っていますね。よかった。

 一昨日、久しぶりに三里塚の裁判の傍聴に。三里塚だけでなく、原発などいくつもの裁判に関わっていて最近、あきらめに似た気分が裁判ということで抜けない。「国の機関だから仕方がない」とあっさり片付けることはできないのだが、「三権分立」「司法の独立」がまったくの空文句となっている現実はどうしようもなくある。私たちの力不足であるにしろ、安倍政権の下で世の中が明らかに腐敗し堕落してきている。国家権力と言われるものが、ほとんど戦前の治安維持法下での権力構造を何一つ手が入ることなく引き継がれてきてしまったことが、ここにきてその腐敗と堕落の中でボディブローのように効いてきているように思えてならない。先日、大飯原発再稼働差し止めの素晴らしい判決を裁判官として書いた樋口弁護士の話の中にも、それを示唆する指摘があった。最高裁事務局の圧力の前に、一人一人の裁判官がただの人、自らの出世と延命にその判断基準をおきはじめているというのだ。

 「国策」を真っ向から糺す裁判をするしかない三里塚の裁判で、そのことは顕著になる。亡くなられた北原事務局長が、口癖のように「三里塚は裁判に勝って、いつも判決で負ける」と言われていたが、その傾向が著しくなっているように思える。「国策」と真っ向から闘っている沖縄でもそうだが。

 しかし、諦めるわけにはいかない。「裁判に勝つ」ことをとことん追求して、闘いの中で切り開いていくしかないのだろう。関西生コン支部への弾圧に抗して、関生のみなさんとともに闘いつづけるとき、あらためてそのことを強く思う。

|

2019年11月20日 (水)

今週の産直野菜 (11月20日)

191120

今週の野菜が、三里塚から留守中に届いていました。カリフラワー、サツマイモ、チンゲン菜、ター菜、春菊、水菜、ゴボウ、大根、ニンジン、ネギ 以上10品です。
 ゴボウが掘ってみないと判らないと以前、現地からの便りにあったので、先週から入荷したので「どうだったんですか」と聞いたら、土の中は雨で水を含んでしまい、傷んでいたそうです。掘って、いいものを切って出荷しているそうです。そういう意味では、ネギが入ってきていますが、育つのに1年かかるのですから、これもそうなんでしょうね。それでも10品も・・・。

191120_20191120160001
 今朝は「老朽原発うごかすな」キャンペーン協賛の「姫路から関電本店」リレーデモの6日目に参加してきました。写真は元町商店街を行くデモ隊です。私は、4日目の参加で、デモ自体が飛び飛びですのでなんとか。今日は、2度のトイレ休憩を少ししましたが、休みなしに12キロ、JR神戸駅前からJR住吉駅まで歩き、正直、ヘトヘト。これで本流のこの23日から16日間の高浜原発から関電本店前まで200キロ、大丈夫だろうかと不安に。まあ、やるしかない。

 しかし疲れての野菜の整理、そしてブログにアップ。やりきらないとと、頑張りました。一休みです。

|

2019年11月13日 (水)

今週の産直野菜 (11月13日)

191113

「老朽原発うごかすな」リレーデモ(姫路-神戸-関電本店コース)5日目、約10キロ、その後の買い物など15キロを歩き終えて、「もう歩くのいや!」と我が家にたどり着いたら、三里塚から野菜が届いていました。放っておくわけにはいかないので、写真を撮って、必要なものは蘇生の水の中に。
 ゴボウ、サツマイモ、ピーマン、チンゲン菜、水菜、ネギ、大根、ニンジン 以上8品です。
 待ちに待った葉物が届き始めました。それに「掘ってみないと」と書かれていたゴボウが。「それなりに台風や大雨の影響から脱してきたのかな」と感じさせる品揃えですね。よかった。

下の写真は、55人が参加した「老朽原発うごかすな」リレーデモ、姫路から関電本店まで94キロの5日目です。

191113_20191113171801

|

2019年10月17日 (木)

今週の産直野菜(10月16日)

191016 

昨日の午前中に、三里塚から野菜が届いていました。ピーマン、ししとう、じゃがいも、玉ねぎ、サツマイモ、ニラ、間引き大根、生落花生、ラディッシュ 以上9品です。台風19号の影響を心配しましたが、萩原さんからまず「台風19号の被害は、ほとんどありません。一時的な停電はありましたが、家屋などの被害はありませんでした」と一報。その後「畑の方は?」という私の問いに「白菜、ブロッコリー、ネギなどがダメージを受けましたが、その他はさほどでもありません」との返事。今も続く各地の甚大な被害を見るにつけ、「とりあえず、よかった」と胸をなでおろしています。

191016_20191017213901 昨日は早朝から「40年越えデンジャラス原発に今こそNOを!名古屋訴訟に大きな傍聴支援を!」と呼びかけられたのに応えて「老朽原発うごかすな!」キャンペーンの一環として、皆さん17人でバスで名古屋に。帰り着いたのが9時頃でしたから、とりあえず生落花生をゆがいただけですが、整理。今朝も、関西生コン支部への大阪府警関係の第二次弾圧裁判があり、出かけて、広域協組の黒背広姿の連中が3倍以上いる中で、傍聴券をゲット。夕方まで頑張って傍聴。帰ってきてたまった仕事を片付けようとするが、なかなか。とりあえず、この報告をして、片づけて休みます。後は明日・・・。

|

2019年10月 2日 (水)

今週の産直野菜 (10月2日)

19102

三里塚から野菜が届きました。『野菜だより』に紹介されていますが、台風15号から2週間。その影響はどうだろうと思いながら、荷物を受け取りました。「目下の課題はハウスの再建」と書かれ、「夏野菜はほぼ壊滅、後片付けと葉物の種まき」と書かれていますが、その中で、「これだけ来れば」と胸をなでおろしています。

 ししとう、ジャガイモ、さつまいも、ピーマン、切りショウガ、玉ねぎ、サニーレタス、ミニ冬瓜、ミニカボチャ 以上10品です。レタスは来ないだろうと確信して、昨日、買ってきたばかりです。いやぁ、立派ですね。芋ほり大会の前にサツマイモが来たのも、スゴイ!(大丈夫かな?)

 9月24日の請求異議裁判控訴審第1回口頭弁論が、大方の予想を裏切り、ゆっくりしたテンポで始まりました。少なくとも半年以上、いや1年は余裕が生まれたと言えるでしょう。その時間を使い、市東さんの農地を裁判で取り上げることの不当を、大きな世論にしていきましょう。裁判所、司法が異常なほど劣化して、「三権分立」「司法の独立」が死語と化しているこの現実の中で、それ自体を相手として闘いを準備していきましょう。

|

2019年9月25日 (水)

今週の産直野菜 (9月25日)

19925

関西生コンへの弾圧に抗議し、裁判闘争を闘う大阪地裁前での座り込み集会を中座して帰ってきたら、三里塚から野菜が届いていた。
ショウガ、ししとう、とうがらし、オクラ、じゃがいも、冬瓜、ピーマン、ミニカボチャ、玉ねぎ 以上9品。台風の影響で傷んでしまった葉物類はない。それでも、それなりに品ぞろえがあり、感謝。

|

2019年8月28日 (水)

今週の産直野菜 (8月28日)

19828 

三里塚から早々と野菜が届きました。大阪の配送センターに送れた到着だったようなので、ほっ。
玉ネギ、青唐辛子、なす、ピーマン、じゃがいも、キュウリ、ニガウリ、オクラ、シシトウ、モロヘイヤ、空芯菜、葉ショウガ、赤ネギ 以上13品です。2週連続して13品。この時期にしては多いのかな?

 先日、関西の湾岸住民団体研修会に萩原富夫さんをお招きしたが、その時に、ジャガイモの収穫が盆明けまでずれ込んでいると。普通は、7月には終わっています。6月からの長雨、それも大量。その後の猛暑。農作業の段取りがおかしくなって、通常、盆前に草取りは終わって、盆明けは秋に向けた植え付けをゆったりとやるのですが、草取りに手を付けられない・・と、ぼやかれることしきり。ずっと以前に「猛暑の盆明けの草取りを手伝おう」と勇み立って数人で現地の「援農」に入った私たちは、亡くなられた萩原進さんから「盆明けに草取りなどない!かえってじゃまだ」と冷たく言われたことがある。「稲刈りもできない」と段取りが完全におかしくなっている。千葉・関東のみなさん。こういう時は頑張って援農に行ってください。

 さあ、9月24日、東京高裁で請求異議裁判の控訴審、10月13日の全国集会が迫っています。みなさんの周りでも訴えを広げ、準備しましょう!

|

2019年8月21日 (水)

今週の産直野菜 (8月21日)

19821

 三里塚から野菜が届きました。盆休みが一週あり、冷蔵庫の中の野菜が空っぽでしたから「待ちに待った」野菜たちです。トマト、オクラ、ピーマン、玉ねぎ、ジャガイモ、青唐辛子、シシトウ、空芯菜、ナス、モロヘイヤ、キュウリ、赤ねぎ、枝豆、以上13品です。多い!

 この日曜日に、私たちの「湾岸住民団体研修会」に三里塚現地から来られた萩原富夫さんが、終わっての交流の中でぼやきまくっていた。ずっと以前、盆明けに「援農」に入った私たちに、「盆前に草取りは終わらせた。しばらく仕事はない」と亡くなられた萩原進さんに冷たく言われたことを思いだしながら、「盆明けの草取りはないんでしょう」と聞くと、「とんでもない。草取りをする暇がない。まだじゃがいもの収穫が終わっていない」と。「えっ、ジャガイモの収穫なんて、7月には終わっていたのでは」と聞くと、「長雨とその後の猛暑で、収穫が遅れていて、ものすごく忙しいけれど、草取りの暇がない」と。
 黒々と日焼けした萩原さんを見ながら、その忙しい中を、私たちの「研修会」にお招きしたことが、申し訳なくて・・・。

 みなさん。反対同盟農民、市東さん、萩原さんたちのこの猛暑の中での苦闘を思いながら、9月24日の「請求異議裁判控訴審第1回口頭弁論」、そして10月13日の「三里塚現全国集会」に集まって、農地を守り、農業を守るための道筋をつけていきましょう。

|

2019年8月 7日 (水)

今週の産直野菜 (8月7日)

1987

 三里塚から先ほど野菜が届きました。盆前最後の野菜です(来週はお休み)。
 ピーマン、キュウリ、玉ねぎ、ジャガイモ、ナス、モロヘイヤ、空芯菜、ししとう、オクラ、赤ねぎ
 以上10品です。実は一ヶ月余り、この猛暑の中でまともに荷物を受け取れず、扉の前に置いて帰ってもらったり、クール便を使ってみたり、いろいろやりましたが、やはり空芯菜やニラなど葉物は、ぐったり・・・。傷むのも早い。流石に今日は旅をしたのが昨夜だけですから、みなさん、いい顔をしています。特に1年ぶりの虫食いもないきれいなモロヘイヤには感激。ずっと昔、盆明けの「援農」(実際にはお邪魔しただけ)で、朝一番に、爽やかな風の中で、それも立ったままの姿勢で摘み取れるので、大好きになったのです。それが終わると、後は、猛暑の中で、収穫にしても草取りにしても、腰をかがめます。腰を痛めている私などは、這いずり回ることに。それも夕方遅くまで、時間が長い。反対同盟はもちろんですが、現地の支援のみなさんのご苦労を一番思います。

 この秋の三里塚は、請求異議裁判の控訴審が9月24日に始まります。耕作権裁判や新ヤグラ裁判が揉めていますが、司法の反動化が酷く進んでいる現状の中で、傍聴闘争がほんとに大事になっています(9月30日に予定されていた新ヤグラ裁判がまたまた延期されたとか)。10月13日の、現地での全国集会を軸にこの秋、頑張りましょう!

|

より以前の記事一覧