« 今週の産直野菜 (7月16日) | トップページ | 今週の産直野菜 (7月30日) »

2016年7月23日 (土)

今週の産直野菜 (7月23日)

16723 先ほど三里塚から野菜が届きました。

なす、唐辛子、オクラ、じゃがいも、ピーマン、セロリ、空芯菜、玉ねぎ、ニンジン

 以上、9品です。

 昨日、関西電力本店前の座り込みに、東京からNさんが突然訪れてくれ、びっくりした。彼女と、7月3日の「三里塚闘争50周年集会」、そして17日に開かれた熱田派のみなさんの「50周年集会」の話題に花開いた。釜日労の方からも。
 それぞれが、新たな成田空港の拡張攻撃に反撃する貴重な集会として成功したことは、本当に喜ばしいことだ。

 しかし、昨日の沖縄・高江での機動隊による県道封鎖と、泊まり込んでいた300人の住民、市民に500を超える機動隊が襲い掛かったテレビやネット上などの早朝からの報道を、怒りをもって多くの人たちが注目していただろう。
 安倍政権による周辺を埋め尽くすような機動隊の暴力支配は、1879年の「処分官」松田道之による500名を超す軍隊、警察を率いての琉球処分の強行、琉球国を滅ぼした明治政府の侵略政治を思い起こさせた。それは単なる行政的な手続きではなく、沖縄の「すべての米軍基地を撤去しろ」という民意を踏みつぶす帝国主義的、強権的な侵略支配という以外に表現方法を見出すことができない。これをテレビを観ながら許している私たちの問題でもある。
 あの6月19日、暴行・虐殺された女性の追悼集会で、若い20歳の女性が「私だったかもしれない。私の友達だったかもしれない」とした訴えの最後に、「安倍首相とヤマトの皆さんは第二の加害者だ」と断罪したことをどう受け止めているかだと、この間、機会あるたびに訴えてきたが、今こそ、その言葉が重く私たちに問いかけていることを考えよう。

|

« 今週の産直野菜 (7月16日) | トップページ | 今週の産直野菜 (7月30日) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事