« 耕作権裁判・第28回口頭弁論を傍聴して | トップページ | 今週の産直野菜 (3月5日) »

2016年3月 2日 (水)

7・3 50周年集会にむけて (萩原富夫さんの挨拶)

 2月29日耕作権裁判の報告会での萩原富夫さんのまとめの挨拶

 どうもみなさん、裁判傍聴、ありがとうございます。
 
みなさんの話しを聞いているなかで、今年、この大変な戦争の危機のなかで、この市東さんの農地を守るという三里塚のたたかいが、三里塚闘争が、50周年を迎えるというこのことの大切さについて、しっかりと受け止めていくというか、どうたたかうのかということを、Img_0581私たち反対同盟が考えながらたたかっているわけですけれども、結局、わたしたちがやんなきゃいけないことは、運動をもっともっと広げなければいけない。
 
国会前に行ったりして署名を集めたなかでも、やはりまだまだ市東さんのたたかいが知られていない、三里塚闘争が続いているということが知られていない、この課題に私たちはぶつかっていると思います。だから、これを何としても打ち破って行かなければいけない。こういう時にしたいと思っています。
 
まあ、この課題はずっと続いている。親父が亡くなる前から、これを乗り越えてもっと運動を拡大していくんだということを課題にしながらたたかいを始めたわけですけれども。やはり先ほどでた、シンポジウム、隅谷提言ですか、(隅谷)調査団という話しが出た時に、やはり三里塚闘争の分裂の問題、この課題をなんとしても乗り越えなければいけない。
 
やつら(国家権力)がしかけた、やっぱり闘争を潰すための仕掛けだったということでありますが、それが結局、彼ら空港公団、空港会社が謝罪したにもかかわらず、それを反故にして20年近くたって、裁判の力、権力を使っての農地取り上げを進めようとしているなかで、もういい加減、20年前、あるいは30年前の分裂とか、そういうところから我々は本当に脱却しなければいけない。
 
それは全国の運動にとって非常に大きく影響を与える課題だということをいろんなところから聞いております。どうしても、「こういうことをやりたいけれど、あなたはどっちの人ですか」とそういうようなことにぶつかってしまう。どうしてもその辺は避けて通れないのかも知れませんが、それをなんとか三里塚の側でなんとしても突破する道をさぐりたいと、探っているところなんですね。
 
もちろん支援の党派にとってはいろんな立場がございましょうが、しかし、もう今となってはですね、そんなことを言っておられない、乱暴な言い方になりますけれども、それぐらいの時代になってきていると思いますので、そのへんは腹にもっていて、何とかしてこの状況を突破していくということで、みなさん、力を合わせて行かなければいけない時代だと思いますので、そのためにも、私は、私自身、先頭に立ってそこを突破するために、なんとしても全力をあげてたたかっていきたいと思っております。
 Img_0583
で、50周年という話しにもどりますけれども、だからこそ50周年、とにかく三里塚闘争のキャンペーンをはるということしかないと思っていますので、まず企画としては写真展を各地で。写真について一言いうと、写真は福島菊次郎さんの三里塚闘争の写真ですね、あれを7月いっぱい借りることができましたので、まず東京から、そして千葉というふうに写真展を行いますが、そのほかでも、ぜひ私たちのところでやってくれというようなところがあったらぜひ手をあげてほしいのですが、そういう運動をぜひやっていきたいと、まあ、いまのところ借りられているのは7月いっぱいなんですけれどもね。その後もやりたいというところがあればどんどん申し込んで、広げてほしいですね。
 
50周年の「73」の集会自身をいかに、大きく、大きくというかな、やはりかなりの注目を浴びる必要があると考えていますので、呼ぶ人ですね、人選についても有名な人に来てもらわなければならないと考えています。そこで反対同盟という名前を使うかどうかという問題がでてきますので、実行委員会という、とにかく有志、やりたい、一緒にやりたい、やってくれる、そういう主体的に関わってくれる人といっしょに実行委員会という形式でやりたい。そのためにはそれまでの経緯とかそういうのを乗り越えて、同じ想いでやってくれる人ならば誰とでもいっしょにやりたいと思っておりますので、もしなにか、いろんな意見ですとか、こういうことをやりたいとか、なにかありましたらぜひ声をかけていただきたいですし、私たちもまだまだ企画を練る段階でありますが、一日も早く企画を練り上げて一緒にやれる形を作っていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。
 
とにかく、今年、反対同盟、全力で頑張っていきますので、よろしくお願いします。

 【注】本文中の括弧( )内は、当ブログ管理人による注です。

 

 

|

« 耕作権裁判・第28回口頭弁論を傍聴して | トップページ | 今週の産直野菜 (3月5日) »

「三里塚」カテゴリの記事