« 第38回三里塚団結野菜市 | トップページ | 成田空港における「第3滑走路」問題について »

2014年12月29日 (月)

野菜市へのメッセージ

 第38回団結野菜市へのメッセージ

 今年も、関西実行委員会による団結野菜市開催の時がきました。ねばり強い取り組みにあらためて感謝いたします。
 2014年、反対同盟は市東孝雄さんの農地取り上げを許さない控訴審闘争を開始しました。3月26日の第1回口頭弁論を皮切りに6月25日の第2回、10月8日の第3回と、「一発結審」で悪名高い貝阿彌(かいあみ)誠裁判長の早期結審策動を打ち砕き、小林昭彦裁判長への交代を強制し、NAA、千葉県を圧倒しました。すばらしい裁判闘争をやりぬいたと自信を深めています。耕作権裁判における文書提出命令をめぐる攻防でも歴史的な勝利を収めました。さらに市東さんの農地を守る3万人署名において、おかげさまで大きな前進をかちとりました。署名への熱い協力、ありがとうございました。
 一方、第3滑走路や空港の24時間化などの「空港機能強化」の攻撃に対して、この1年、月1回の地道な周辺一斉行動を継続し、累計で20回目となりました。着実に成果を上げています。
 2015年はいよいよ、農地裁判における早期結審・反動判決との決戦の年です。「2015年は勝負の年」(市東孝雄さん)となります。市東さんの命そのものと言うべき農地の強奪を打ち砕く闘いの年になります。3月4日の第4回控訴審弁論~3月29日の全国集会へと、新年早々から私たちは全力疾走に入る決意です。3万人署名は現在1万8921筆ですが、3月4日の第4次提出までにさらに積み上げるべく、行動を計画しています。
 また、3月29日の全国集会会場が成田市役所下の栗山公園に決まりました。ここは、あの成田市営グランドだった所で、1968年2・26、3・10、3・31と三里塚闘争が大きな飛躍をかちとった『戦場』です。その場所で47年ぶりに全国集会を開きます。2015年、反対同盟は3・29を皮切りに成田市のど真ん中に打って出て、13万成田市民と連帯を深めます。
 関西では9月29日の「三里塚農地裁判は、いま」の開催、山本善偉先生の『ライオン 吼える』の出版の取り組みなど、奮闘ぶりを拝見し、大いに勇気づけられております。
 安倍政権による戦争と改憲の攻撃がますます強まる中、三里塚は関西実行委員会とともに、東西両軍事空港と対決する反戦の砦として、全力で闘います。巨万大衆の決起が本格的に始まりました。沖縄・福島と結びつき、2015年の勝利をかちとりましょう。
2014年12月27日
                       三里塚産直の会一同

|

« 第38回三里塚団結野菜市 | トップページ | 成田空港における「第3滑走路」問題について »

「三里塚」カテゴリの記事