« 今週の産直野菜(11月22日) | トップページ | 今週の産直野菜(12月6日) »

2014年12月 1日 (月)

今週の産直野菜(12月1日)

14121 先ほど三里塚の産直野菜が届きました。じゃがいも、サツマイモ、小松菜、たかの爪、ほうれん草、ニンジン、ネギ、大根 以上8品です。気温が低いので、まるまる3日の箱の中での移動でも、大根の葉っぱ以外は、大丈夫でした。明後日あたりから寒さが厳しくなるようで、白菜がなんとかなるかなと思うのですが、どうでしょうか。昨日の、『11・30中山千夏講演会』での三里塚野菜市も、結構人気があって成功したようで、交流会で「きっちり利益が出た」と報告されていました。

 なんで野菜が今頃届いたのかと言うと、土曜日は、朝一番のバスでスタートして、成田市の公民館で開かれた『厚木飛行差し止め判決から見た成田の現実 11・29シンポジウム』に参加して、夜中に帰着。翌日は『原発あかん・橋下いらん・弾圧やめて! 中山千夏講演会』に参加。交流会にでたので帰り着いたのは、連夜のタクシーで。そんなわけで、野菜は今日に。無事だったので、ほっ。

 土曜日の市東さんの会の集会は、三里塚闘争ではじめて「航空機騒音問題」を正面から取り組んだ集会として画期的なものでした。市東さんを始めとした敷地内のみなさんへの騒音被害の問題はもちろんですが、新たな成田空港の拡張、第3滑走路問題という局面で、非常にタイムリーで意義のあるものだったと思います。内容も北海道大学の松井利仁教授のお話しが具体的でわかりやすく、大阪空港の騒音問題などに関わってきた私にも、新しい知見もあり大いに勉強になりました。千葉から東京と逆方向に40分も電車に乗り、しかも氷雨。そのために住民の参加が少なかったのは残念でしたが、積極的な、切実な質問による討議もあり、今後に向けた第一歩として成功したと感じながら帰途につきました。「市東さんの農地取り上げに反対する会」のみなさん。ほんとにご苦労様でした。

 141130昨日は、「じゃりんこチエ」でお馴染みの中山千夏さんの現在の政治に対する「一人ひとりの取り組みと生き方が大事だ」というお話しに、用意された350余りの椅子を満杯にしたみなさんが熱心に聞き入っていました。「ほんまやばいでTPP」実行委員会を代表して全港湾大阪支部執行委員長の山元一英さんから、現在の安倍政権への批判と闘いの提起と、141130_2それと一体のものとしてTPP反対への訴えが行われました。また「ヘイトスピーチのない社会へ」と題して李信恵(イシネ)さんの訴えがありました。 

 パギやんと春間げんさんの演奏や、ナオユキさんのスタンダップコメディ(めっちゃ面白く、会場を沸かせた)、「はちようび」とそれを応援するみなさんによる演奏(右上写真)、最後にパギやんも加わってのインターナショナルを会場全体で歌って終わりました。
 山本善偉関実世話人も、終始うれしそうに聞き入り、音楽には身体をゆすり手拍子をとりながら聞いておられました。終わるころには、雨が降り出しましたが、30人ほどが、そのまま田中機械の「地底旅行」に席を移して、楽しい交流会が行われ、「来年もやろう(第7回)」と確認しながら交流しました。
 三里塚関西実行委員会の『実行委ニュース 第150号』と、山本善偉さんの本『ライオン 吼える -94歳 山本善偉の長い途-』の出版予約を求めるビラも配布されました。

|

« 今週の産直野菜(11月22日) | トップページ | 今週の産直野菜(12月6日) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事