« 「ほんまやばいでTPP」3・29学習会開かれる | トップページ | 3・23全国闘争  関西実行委員会よりの連帯挨拶 »

2014年4月 1日 (火)

3・23全国集会 関西生コンの挨拶

 本日集会に決起したみなさん。こんにちわ。関西生コンの西山です。

 14323 私の方からは簡単に2点、報告させていただきたいと思います。

 まず1点目については、今のこれだけ政治的な闘いが増えている中で、労働組合がどのように闘うか、先ほど動労千葉の委員長もおっしゃってた通り、やはり私たち労働組合が先頭に立って、この政治的な闘いに決起しなくてはいけないと、このように考えています。
 一部の特権階級のやっていること、この安倍政権のやり方は、本当にわかりやすい。みなさん、わかりやすいですわね。平気で嘘をつく。平気で約束を破る。これが今の資本家に流行のように蔓延されている。
 これと闘うには、やはり労働組合が現場で闘うしか勝ち目はありません。TPPもそうです。沖縄の問題もそうです。あらゆる労働戦線が決起して闘わなければ、今の政治的な闘いを勝利することはできません。
 14323_2 そういうことで我々は、今春闘、14春闘に入ってきました。今季は、文字通りストライキを、行動を盾に全面勝利する、そのような闘いを行なっていきます。

 そしてもう一つは、市東さんの闘いです。大阪の地において反TPP闘争、大きな組織を作り上げようということで、昨年来、若者が中心に呼びかけ人になり、反TPP実行委員会を作ろうということで、あらゆる若手の戦線から名前を上げてもらって作りました。
 そしてこの反TPP闘争、私たちは、私は若くないんですが、三里塚闘争を学んでこの反TPP闘争を行うべきやということで、昨年12月に、市東さんの自宅に行かせてもらって、現地の見学をしました。その時には萩原さんもご健在で、いろんな話しを私たちにしていただきました。ところが、その見学が終わって2、3日後に、いきなり萩原さんが亡くなられるという悲しい事態になりました。
 しかし、私たちは大阪の地でこの反TPP闘争を闘う、そのためにこの萩原さんの死を無駄にしない、14323_3 そういう決意でこの2月16日にシンポジウムを開催し、無事、成功裏におさめることができました。当日は予定していた農業ジャーナリストの大野さんも秩父の方から大雪で出て来れないということで、2枚看板の講演がなくなる、そのような事態に発展したわけですが、何とか成功に導き、多くの仲間が反TPPに決起するという形を作ることができました。
 次は大阪のみならず、全国各地でこの闘いの戦線を作ることです。

 私たちは、本日結集する仲間とともに、市東さんの農地取り上げ問題、ならびに反TPP、反原発、沖縄のたたかい、全てにおいて決起していきますので、これからも連帯して闘っていきましょう。

|

« 「ほんまやばいでTPP」3・29学習会開かれる | トップページ | 3・23全国闘争  関西実行委員会よりの連帯挨拶 »

「たたかいの報告」カテゴリの記事