« 『実行委ニュース 146号』発行(12月1日) | トップページ | 今週の産直野菜(12月14日) »

2013年12月11日 (水)

団結街道裁判の口頭弁論開かれる(12月10日)

 P131210_1thumb200x1141843昨日、団結街道裁判の口頭弁論が千葉地裁で開かれました(右写真は、法廷後の報告会。反対同盟ブログより転載)

 法廷では反対同盟弁護団が、新たな準備書面を提出。それを遠藤、一瀬両弁護士が説明しました。
 先ず、西側(第3)誘導路を根拠として団結街道の閉鎖が行われていることに対し、原告(反対同盟)側が西側誘導路の違法性を主張しています。これに対し被告(空港会社、成田市)側は、訴訟で取り消されない限り行政処分の「公定力」によって争うことはできないと強弁しています。これに対して、遠藤弁護士が、この日の準備書面でそれを否定して、第3誘導路の違法性を問われなければならないことを明らかにしました。
 また、一瀬弁護士は、1970年の空港公団による東峰、天神峰の4ヶ所の開拓道路の収用採決申請に於いて、評価額が周辺土地(農地)の70%~74%で評価されているのに対し、それらの道路に近い形状も似ている団結街道を空港会社に売った価格は周辺土地の20%程度でしかないことを暴露し、違法な格安売却であると弾劾したのです。多見谷裁判長は、しぶしぶと被告に答弁することを促さざるを得なかったのです。

 次回口頭弁論は、4月28日(月)午前10時半から。

 法廷後、報告会が裁判所向かえにある弁護士会館で開かれ、葉山弁護士が全体的な感想を語られた上で、報告会に先立って、耕作権裁判の新しい岸裁判長との交渉を行い、反対同盟の側から出されていた文書提出命令が東京高裁によって認められ差し戻されている問題について、岸裁判長も概ね要求通りの提出を空港会社側に命じる意向であることが明らかにされたと報告されました。

 遠藤、一瀬両弁護士による報告の後、質疑が行われました。そして、動労千葉、関西実行委、市東さんの会から3月に向けた決意がそれぞれ語られました。

3・23東京芝公園で総決起集会131210

 その上で、反対同盟事務局次長萩原進さんから、「ここで決意を固めよう。3月はすぐだ」と今年の闘いの簡単な総括の上に立った、綱渡りをしている安倍政権に対して、3月が消費税問題を軸にあらゆる意味での決戦情勢にあることを明らかにされた上で、「霞が関に攻めのぼる」闘いをその渦中で切り開こうと「3・23全国闘争を東京芝公園」を埋め尽くして闘い取ることを提起され、その力で3・26第1回控訴審を東京高裁を三里塚の旗で取り巻く闘いとして実現しよう。そのために、1月反対同盟の団結旗開き(12日)を出発点に一大署名運動とカンパ要請行動を取り組もうと提起されました。(発言の概要が、反対同盟ブログhttp://www.sanrizuka-doumei.jp/home/2013/12/post-416.htmlに掲載されています。)

 私たちも、12月27日の第37回三里塚団結野菜市を成功させ、1月19日団結旗開きを出発点に、3・23東京芝公園、3・26東京高裁控訴審闘争へと全力で決起しよう。

 なお、今年最後の裁判、第3誘導路裁判が、12月16日(月)午後1時半より、千葉地裁601号法廷で開かれます。

|

« 『実行委ニュース 146号』発行(12月1日) | トップページ | 今週の産直野菜(12月14日) »

「たたかいの報告」カテゴリの記事

コメント

成田・北原派:「一坪共有地」農家脱退へ 16年ぶり
毎日新聞 2013年12月11日 15時00分

成田空港に反対する「三里塚・芝山連合空港反対同盟北原派」の農家で、千葉県芝山町菱田の騒音区域に居住する女性と家族が反対運動から退き、自宅と農地を成田国際空港会社(NAA)に売却したい意向を同派に伝えたことが分かった。農家は航空貨物ターミナル増設予定地に一坪共有地を所有し、県企業庁から明け渡しを求める民事訴訟を起こされ係争中で、引退は訴訟にも影響を与えるとみられる。同派からの農家脱退は16年ぶり。

 同派などによると、女性の夫が2012年に病死し、女性と娘たちが農業を継いだ。その後、女性の体調が悪化し、反対運動引退と離農を決めた。B滑走路の進入コース直下にある女性宅と農地の一部は移転補償の対象で、周辺は女性宅を除いて移転している。

 県は貨物ターミナルの整備を計画。県企業庁がこの農家の所有部分を除き、一坪共有地(計約260平方メートル)を含めた用地買収を終え、06年にこの農家に明け渡しを求め千葉地裁に提訴した。女性は同派に「裁判は続ける」と伝えたが、引退で争う根拠が薄れたと判断されれば、判決に影響を与える可能性もある。【早川健人】

http://mainichi.jp/select/news/20131211k0000e040238000c.html

投稿: 北原派:「一坪共有地」農家脱退へ | 2013年12月12日 (木) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『実行委ニュース 146号』発行(12月1日) | トップページ | 今週の産直野菜(12月14日) »