« 「福島支援弾圧」裁判 第1回公判に集まろう! | トップページ | 「福島支援弾圧」裁判始まる »

2012年6月13日 (水)

大飯原発の再稼働を許すな!

 大飯原発の再稼働にむけ、野田首相、そして西川福井県知事が動き出しました。それは福島の事態を「終わったこと」とする許し難い暴挙です。福島原発事故は、「収束」どころか事故原因さえ明らかにならないどころか、そもそも原発の中がどうなっているかさえ明らかにできない混沌の中にあるではありませんか。その状況の下で、何が「福島のようなことは起こらない」だ。
 そして100万年も将来にわたって対処することができないという使用済み燃料をはじめとした放射性廃棄物の問題だけをとってみても原発を再稼働させてはならないし、すべて廃炉にしなければなりません。それが福島事故がしめしているものです。

 昨夜から今朝の未明、17日の福井での大行動にあわせて、大飯現地と関電本店前から2つのメッセージが発信されました。是非、受け止めてください。動いて下さい。

大飯現地から

6・16、6・17「大飯!ど・フリー行動」

【日時】 6月16日、17日
【場所】 おおい町総合運動公園(北端)
【内容】 完全、ど・フリーの参加型!何かやりたい事があるなら、あなた次第です!どんどん持ち込みをしてください!例えば、音楽やっている方は、楽器を持参で!
【想い】 現在、現地には、数人しか抗議する人がいません。間違いなく、ここが日本の未来を決める最前線だと思います。私たちはたくさんの方と、大飯再稼働を自分の事と捉え、真剣に考えている方だと思います。どうかみんなで考え、多くの知恵を共有し、実行したいです。
よろしくお願いします。
【求む】 大飯テントには、16、17以外でも、いつ来てもらってもかまいません。滞在する場合、テント持参で、アウトドアの装備をお願いします。トイレ、水場、入浴施設、スーパー、原発は付近にあります。常時、多くの方の参加を求めています!

関電本店前から

大飯原発の再稼働反対を訴えるハンガーストライキ(水と塩のみ)を本日より開始します。

いま、日本にある原発は全て停止しています。
電気は足りていますし、(正確な電力データーも明らかにはされていませんし、)また万一足りない事態が起きたとしても、大飯原発は政府が定める安全基準さえクリアしていないのであり、それが原発を動かす理由になどなりません。
福島第一原発事故は収束もできないまま、最悪の状態が続いています。
そして日本は現在、地震の活動期に入っており、そのような中で原発を動かしていくことは、大事故にもつながりかねない、とても危険なことであり、到底認められることではありません。

また、“核のゴミ”を無責任に増やし、未来の人たちに押し付けてしまうことも、原発を続けてはいけない大きな理由です。
そして、いま生きている子どもたちや未来の人たちに、原発のない安全な世界を残していかなければいけないと強く感じます。

原発のない世界を本気で願えば、原発は必ずなくしていけると信じています。
大飯原発の再稼働をやめるよう、心から訴えます。

                      原発なくしたい個人

|

« 「福島支援弾圧」裁判 第1回公判に集まろう! | トップページ | 「福島支援弾圧」裁判始まる »

「事務局からのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「福島支援弾圧」裁判 第1回公判に集まろう! | トップページ | 「福島支援弾圧」裁判始まる »