« 「福島支援弾圧」裁判第2回公判を傍聴して | トップページ | 大飯現地 »

2012年6月30日 (土)

大飯現地から

12630
東京20万人、関西電力2200を引き継いで今日、大飯に地元住民はじめ700人が結集して集会とデモがうちぬかれました。最後、原子力防災センターで申し入れをしようとしたら、国道を隔てた雨の中路上で受け取ろうというふざけた態度に怒った皆さんが国道をわたり防災センター入り口に迫った。写真はその場面です。結局、代表5人が入り申し入れを行いました。そこへ、大飯原発の手前にあるPR館前で座り込んで再稼働に反対している若い人々に警察が襲いかかっているという連絡が入り、今、その現場にいます。ツイッターなどで集まった若者を中心に100人を越える人々が集まりドイツのテレビ局もきて押し返しています。それも堂々と論争をしかけ話しあおうと。

|

« 「福島支援弾圧」裁判第2回公判を傍聴して | トップページ | 大飯現地 »

コメント

100人では少ない。1000人でなきゃ……。
しかし、持ちこたえそうなら、チャリでトンネルへ行く。

投稿: 田中洌 | 2012年6月30日 (土) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「福島支援弾圧」裁判第2回公判を傍聴して | トップページ | 大飯現地 »