« 今週の産直野菜(2月12日) | トップページ | 関実『実行委ニュース』第138号発行 »

2012年2月16日 (木)

行政訴訟・農地法裁判の傍聴を

 市東さんの農地をめぐる行政訴訟・農地法裁判(併合審理)の口頭弁論が2月20日(月)に開かれます。重大な局面を迎えています。特に関東のみなさん。傍聴に駆けつけてください。

【とき】2月20日(月)午前10時半開廷(傍聴券の配布がありますので、開廷40分前に千葉地裁玄関ロビーにお集まりください)。

【ところ】千葉地裁601号法廷

 Photo すでにご報告していますように、多見谷裁判長は、空港会社NAA側の証拠の偽造をはじめとした様々な問題点を承知の上で、すでに裁判長の「心証」として「手続きに違法があっても、処分を進めることは問題はない」というNAA側の主張に沿って、早期結審、判決を強行しようとその意図を隠そうともしていません。

 弁護団を先頭とした厳しい追求に追い詰められながらも、4月23日から証人尋問(証拠調べ)に入ることを、それも年末12月までの日程をすべて決めて何がなんでも来春結審・判決を強行しようと、「国策裁判」の意志を露わにしています。

 こんなことは断じて許されません。民間会社でしかないNAAが、農地を守るために制定されている農地法を用いて、一級農地である市東さんの農地を奪う。裁判所が、それを「国策」として支え、法の名のもとに農地強奪を強行しようとする。ここに成田空港政策が完全に破綻していることが象徴的に示されています。

 先日の最高裁による天神峰現闘本部への反動的な決定にみられるような、司法と一体となった国家権力による密室での農地強奪、空港完成の蠢きを暴きたて、追い詰め、市東さんの農地を守り抜く中から、「国策」をぶっつぶす道筋を作ろうではありませんか。

 2月20日、千葉地裁の傍聴闘争にお集まりください。

|

« 今週の産直野菜(2月12日) | トップページ | 関実『実行委ニュース』第138号発行 »

「事務局からのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

3月26日(月)に行政訴訟、農地法裁判がありますね。前日が三里塚現地集会だから、可能な人は傍聴しましょう。

投稿: でっかい | 2012年2月18日 (土) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の産直野菜(2月12日) | トップページ | 関実『実行委ニュース』第138号発行 »