« JAL解雇撤回闘争の学習会に参加して | トップページ | 早期結審策動を押し返した(8月30日) »

2011年8月30日 (火)

市東さんの農地裁判

先程、市東さんの農地裁判が終わりました。多見谷裁判長のなんとしても弁論を終わらせ年内結審、早期判決を強行しようとした目論見を、同盟、弁護団、廊下に溢れた傍聴の闘いによって押し返しました。詳しくは明日に。

|

« JAL解雇撤回闘争の学習会に参加して | トップページ | 早期結審策動を押し返した(8月30日) »

コメント

一報を知り、胸を撫でおろしました。詳報に期待しています。

投稿: でっかい | 2011年8月30日 (火) 13時30分

チラシ撒き、直前デモで、多見谷(寿郎)裁判長も、やはり、国策裁判からずらかりたい気持ちに「甘えるわけにはいかなかったね」と、弁護士の先生。

急ぎたかった判決を遅らせただけでも、地球がひっくり返ったようなもんだ。なでしこジャパンなんて目じゃないで!!

今日は150~160人で、こんな勝利が来たんだ。今度は、4~500人で千葉地裁を包囲しょうや。ぜひやろう!と、萩原のおとん。

やろう!!!

不正だらけの国策裁判・・・不正に苦しめられつづけて来たおらたちでぶっ飛ばそう!

荻作のかーちゃんほか、三里塚のお母んたちはやはり、すごっく、ええね。
傍聴券に並んでいても、プラムの話に梨の話だもんね。

投稿: 田中洌 | 2011年8月30日 (火) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JAL解雇撤回闘争の学習会に参加して | トップページ | 早期結審策動を押し返した(8月30日) »