« 天神峰現闘本部破壊攻撃を弾劾する! | トップページ | 反対同盟が弾劾声明を発しました »

2011年8月 8日 (月)

今週の産直野菜(8月7日)

1186  三里塚現地に行っていましたので、三里塚からの産直野菜の報告が1日遅れました。心配した熱気の影響もなくほっ。

 にんにく、オクラ、きゅうり、じゃがいも、モロヘイヤ、ピーマン、玉ねぎ、なす、ミニトマトの9品です。

 すでに当ブログに現地から、5日の日に援農をさせていただいたことを報告しましたが、そのあと、出荷作業が萩原さんの作業場であり、自分も加わって送り出しただけに想いもひとしおです。

 春野菜のじゃがいも、玉ねぎ、にんにくはかってなかった豊作で、市東さんのところで積み上げているじゃがいもや玉ねぎを見せていただきましたが、びっくり。まだ収穫しきれないで(雨などの影響で)畑にあるじゃがいもを早急に収穫しなければと言っておられました。1185_2 2年前だったと思いますが、玉ねぎがやはり豊作だったのですが、畑で干している間に雨が降ったりして結果的には散々だったことを援農に来て目の当たりにしたことがあるだけに、嬉しくなります。しかし、夏野菜で出てきたオクラ、モロヘイヤ、なす、ミニトマトはいずれも収穫の作業をしながら数が足りません。どうしても小さめのものも入ります。ミニトマトなどは熱にやられて割れが入り、半分以上捨てていきます。市東さんが「年中通してよくできるというのはないなぁ」とつぶやかれるのを聞いて「難しいなぁ」と思わずひとりごと。右の写真はなすびの畑。

 昼前に急に温度が上がりだした中でのごぼうの畑の草取りを市東さんと一緒にわずか30分やっただけですが、完全にグロッキー。実は現地について前の晩、緊張で眠れなく寝不足だったのです。1185_3 よほどひどい顔をしていたのか昼食の後、現闘のOさんが「もう出荷までは大したことはないですから休んでいたら」と甘いお言葉。喜んで市東さん宅の東側にある監視台に。これが楽しみ。バックの東峰の森の木立と重なっているのでわかりにくいですが、東峰神社の立木が6月に見た時よりもさらに育って立派になってきています。滑走路先端からわずか100メートルほどのところにあるこの立木で、南から着陸するには、なれない外国のパイロットには驚く原因に必ずなっているはずです。こんな欠陥滑走路で「国際ハブ空港」などとは、物笑いだろうと納得させられます。いよいよ東峰神社の立木が立派になってきたと喜びました。

|

« 天神峰現闘本部破壊攻撃を弾劾する! | トップページ | 反対同盟が弾劾声明を発しました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天神峰現闘本部破壊攻撃を弾劾する! | トップページ | 反対同盟が弾劾声明を発しました »