« 市東さんの行政訴訟、農地法裁判 | トップページ | 三里塚の裁判  4月18日と19日 »

2011年4月14日 (木)

「4・16原発いらん!関西行動」に集まろう

11411

 4月11日、春の嵐か、寒風吹きすさぶ中、「STOP原発☆アクション関西」の呼びかけで、関西電力本店前で、関電社員に「危険な原発群を直ちに止めるべき」とビラをまいて呼びかけました。40人くらいが集まり、2ヶ所に分かれて退社する関電社員に。

 まいたビラでは「震度6.5以上の地震も、高さ15メートル以上の津波も想定していなかったのは東電と同じで、何より活断層による直下型の地震に対しては、その存在も想定して来なかったと聞いています。 たまたま、偶然、想定外・・・・。 しかし想定するべきをしないで、想定外と言い立てる東電の姿を私は醜いと思う、大地震が多発する島国の上に、『もしも』も『まさか』も許されるはずのない危険な原発を、密集させて建設してきたのは誰なのか?」と問いかけています。

 さて、先日発行された雑誌「世界」5月号で、「えっ! そうなんや」という記事が。少し長いですが、引用します。

 ――「さて、『3・27事故報告書』によれば、12日午前2時45分、1号機のドライウェル圧力は大気圧を含めた『絶対圧』で0.941MPa(約9.4気圧)だった。通常、構造設計においては大気圧(1気圧)を差し引いた『ゲージ圧』というものが使われているので、1を差し引いてゲージ圧に直すと、約8.4気圧になる。115 これは、すぐ前で説明した設計圧力(約4気圧)の実に2倍の圧力である! 巨大な格納容器がいつ破裂しても不思議ではない、非常に高い圧力だ。地震発生からわずか半日、なぜ1号機の格納容器にはそんな高い圧力がかかっていたのか?

 論理的に矛盾しない答えを見出すのはそう難しくない。強い地震動にさらされたために、原子炉圧力容器を出入りしている管のうちのいずれかが――たとえば、かねがね地震時の健全性が問題にされてきた再循環系配管が――破損(または破壊)し、そこから冷却材が大量かつ継続的に噴出する冷却材喪失事故が起こり、そのため格納容器の圧力がどんどん上昇し、設計圧力の2倍にまで達した、というのがその答えである。

 配管が破損すれば原子炉圧力容器の圧力は短時間のうちにかなり降下するはずだし、その破損個所から冷却材が大量に噴出すれば、原子炉圧力容器内の水位は次第に下がっていくはずだ。事実、データがそれを物語っている。すでに述べたように、12日午前2時45分までには、原子炉圧力容器の圧力はわずか約8気圧(注・通常70気圧)まで降下していたし、冷却材水位は、12日午前8時49分に燃料棒の最上端より400ミリメートル『下』まで落ち、同日13時38分にはなんと1700ミリメートルにまで達していた。約4メートルの燃料棒のうちの4割以上が、水面から顔を出していたのだ。

 そして最悪なことに、それからほぼ2時間後の15時36分、1号機の最上階で、大規模な水素爆発が起きた! 必然的な結果である。

 繰り返せば、以上の推論過程には大津波も、全交流電源喪失も一度も登場しない。大津波が来なければ全交流電源喪失もなかったかもしれないから、水素爆発というきわめて危険な事態を回避することはあるいはできたかもしれない。しかし、冷却材喪失事故そのものを回避できたわけではない。」―― (同書138ページ~139ページ、田中三彦著)なお、文章中の(注)は、私が挿入しています。

 何が安全か! 何が「想定外」か! 本当に怒りを覚えます。

 4月16日、以下の要領で、「集まろう! 全関西からノーモア福島の想いを胸に。 歩こう! 御堂筋を 原発廃止を訴えて」と集会とデモが呼び掛けられています。集まりましょう!

【集会要項】 4月16日(土) 午後3時30分~4時10分 中之島公園・女神像エリア(大阪市役所南隣)で集会、午後4時10分~5時30分 御堂筋デモ・ナンバ解散

【呼びかけ】 ストップ・ザ・もんじゅ/ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/グリーン・アクション/若狭連帯行動ネットワーク/チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西/原発を知る滋賀連絡会/奈良脱原発ネットワーク

|

« 市東さんの行政訴訟、農地法裁判 | トップページ | 三里塚の裁判  4月18日と19日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「あるみさんのぼり」をかついで、緊急参加します。ハイ

投稿: あるみさん | 2011年4月15日 (金) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市東さんの行政訴訟、農地法裁判 | トップページ | 三里塚の裁判  4月18日と19日 »