« 関西空港反対集会とデモ (11月21日) | トップページ | 沖縄県知事選挙闘争に行って »

2010年11月24日 (水)

実行委ニュース 別冊発行

101120_2 関西実行委員会の機関誌「実行委ニュース」の別冊号が、先日20日に発行されました。この9月19日、沖縄の名護ヘリ基地反対協共同代表の安次富浩さんを招いて大阪で開かれた「三里塚と沖縄を結ぶ集会」のすべてを報告した「報告集」です。是非、お読みください。詳しくは、当ブログの連絡先、「関実」事務局へお問い合わせください。

 とりわけ、今週末28日投票というかたちで、現在沖縄で進んでいます県知事選挙に対する沖縄の皆さんの代表的な想いが、安次富さんから詳しく語られています。

 さて、昨夕以来テレビ、ラジオで、そして今朝の新聞各紙で、「北朝鮮、韓国に砲撃」とにぎにぎしく報じられ、日本政府は直ちに「許しがたいものであり、北朝鮮を強く非難する。韓国政府の立場を支持する」(朝日新聞)と声明を発表しています。私(管理人)も、死者や様々な住民への被害が双方に出た事態を憂え、「戦争行為」に強く抗議するものです。しかし、政府の声明や、マスコミの論調には大きな懸念を表明せざるを得ません。

  これも詳しくは事実が明らかにされないまま、大きな問題となったことですが、韓国の哨戒艦が沈没したとき、「朝鮮民主主義人民共和国(以降『共和国』とする)の潜水艦に撃沈された」と大騒ぎになりました。この時、この海域では米韓合同軍事演習が行われており、その海域に共和国の潜水艦が気づかれることなく近づくなど不可能ではなかったのか。またすぐ近くでアメリカ軍の潜水艦が同じときに沈没したと言われています。こうした事実を何一つ知らせ、検討されることなく、日本のマスコミは「北朝鮮がやった」と一方的に報じ、それ以降、「北朝鮮脅威論」が大手を振り、その後の「尖閣列島問題」と相まって、「抑止力論」が跋扈した経緯を思わざるを得ません。

 101124_2 私たちの国は、日本軍(関東軍)の自作自演による「盧溝橋事件」を作り上げ、満州、中国への侵略、15年戦争、敗戦へと流れ込み、2千万人といわれるアジアの民衆を殺戮した歴史を持ち、当時のマスコミが軍部と政府の発表をのみ一方的に大宣伝し、国民に事実を知らせなかった歴史を持ちます。

 今、知事選挙が行われている沖縄では、この春まで「米軍基地撤去」が県民の8割の意見であると同時に「日米安保はいらない」という意見が圧倒的でした。しかし、「尖閣列島問題」以降、「抑止力論」が幅を利かし、「日米安保支持」が増えてきたと聞きます。これを利用し、自衛隊の「与那国島への配備」を切り口とした沖縄への自衛隊の2万人配備が目論まれています( 「海鳴りの島から」http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/f2f05f48e95629d854aebdff61d8512f参照)。この流れが、仲井真候補(現知事)の知事選挙での初期の優位を生んだと言われています。伊波洋一候補とともに仲井真候補も普天間基地の「県外移設」を言っているように伝えられていますが、仲井真候補は決して「県内移設反対」を言おうとしません。明らかに選挙に勝つために「県外移設」と言っているにすぎません。こうした選挙でのペテン、インチキがこれまで沖縄で、名護でどれほど繰り返されてきたでしょうか。

 こうした政府やマスコミによる政治、世論操作の誤り、愚を繰り返させてはなりません。徹底した日米従属のもとでの「日米安保体制」の愚を改め、なによりも沖縄における米軍基地の撤去を実現していくことが必要です。アジアでの本当の意味での友好善隣関係を構築し、平和を希求していくためには、私たちヤマトにとっても今回の沖縄の県知事選挙は決定的な意味を持っています。前宜野湾市長である伊波(いは)洋一知事の実現を何としても勝ち取り、米軍基地撤去、「日米安保はいらない」という流れを築いていかねばなりません。昨夜来のマスコミによる独断的な共和国への「バッシング」 を見るにつけその思いを強くしています。

 

 なお、今日から、数人の人たちとともに沖縄の県知事選挙のお手伝いに沖縄に行きます。26日の三里塚の市東孝雄さんの「農地法裁判」「行政訴訟」が気がかりですが、逆方向に行ってきます。沖縄現地で、パソコンが借りれれば、沖縄の様子などお伝えしたいと思いますが、29日まで、お休みするかもしれません。残された日はあまりありませんが、みなさんの周りでも、できることを、伊波(いは)洋一沖縄県知事誕生に向けて取り組まれる事を願ってやみません。

|

« 関西空港反対集会とデモ (11月21日) | トップページ | 沖縄県知事選挙闘争に行って »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

びっくりした。しかし、島民は、危険手当をもらって住んでいると言うことです。だから、撃たれていいと言っているのではありませんが。しかし、まず教訓でです。基地手当が身を守らないと言うこと、むしろ、戦争に巻き込まれると言うことです。そう思いました。伊波さんには、がんばってほしいです。僕らもともにがんばります。

投稿: 砲撃 | 2010年11月25日 (木) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関西空港反対集会とデモ (11月21日) | トップページ | 沖縄県知事選挙闘争に行って »