« 関西合同労組Nさんへの不当弾圧弾劾! | トップページ | 萩原富夫さんは元気です »

2010年6月 1日 (火)

団結街道閉鎖攻撃を断じて許すな!

Photo  成田市は、暫定滑走路の第3誘導路建設を前提にした団結街道の成田空港会社NAAへの売却を強行し、NAAは直ちに閉鎖を行おうという動きが始まっています。

 この攻撃のデタラメさは、この17日、NAAが団結街道のS字部分(写真の北側)を閉鎖しようと3本の「私有地につき迂回してください」という看板を立てようとして、市東孝雄さん独りの実力決起で粉砕され、今も日に150台の車が通行する状態が維持されていることにも示されています。

 そしてそのデタラメさゆえに、この攻撃を続け、あわよくば市東さんの屈服を迫ろうと、何の法的な根拠もなく市東さんの勾留をすでに2週間以上も続けています。断じて許されません。市東さんはこれに屈することなく「自分は元気です。頑張りますから、皆さんも頑張ってください。これで俺たちが本気だということを空港会社に知らしめることが出来た」とメッセージを私たちに発し、完全黙秘の闘いを今も続けておられます。

 そもそも日に何度も市東さんが営農のために使い、一般の車両が日に150台も通る生活道路を、空港拡張のために一方的に閉鎖することなど法的にも許されるはずがありません。たとえ「市道」でなかろうと、「私有地」だからと閉鎖することなど許されるはずがありません。

 すでに暫定滑走路がこの3月28日から着陸専用に使われることで、島村さんをはじめとした東峰地区住民、そして菱田の鈴木さん宅は、1~2分に1機という頻度の着陸機(年間7割が北風でこうなる)の轟音によって耐えがたい生活を強いられています。これは、それまでとは全く異質な深刻な事態となっています。この上、市東さんの住居と畑を空港の中に閉じ込める、そして暫定滑走路の機能を強化するための第3誘導路建設などどうして許されるでしょうか。この点でも、第3誘導路建設のために強行される団結街道の閉鎖は許されるものではありません。

 「国策」だからとただただ三里塚反対同盟の破壊と三里塚闘争の解体を狙った攻撃でしかない、団結街道の閉鎖攻撃はいかなる意味においても不正義であり、粉砕しなければなりません。反対同盟ブログ、あるいは「市東さんの農地取り上げに反対する会」のブログは、現地への決起を訴えておられます(当ブログ左側の「関連ブログ」をクリックしていただければそれぞれに入れます)。

 明後日3日には、午後1時から千葉地裁で萩原富夫さんの不当逮捕、勾留についての「勾留理由開示公判」が開かれます。これも大事です。関西実行委員会では、この裁判傍聴を皮切りに現地に入り、闘いに臨むとともに皆さんに発信を続けます。昨日には関西合同労組への破壊攻撃とも言える弾圧も始まりましたが、こうした攻撃をもはね返し、団結街道閉鎖攻撃を許さず、現地の実力闘争に決起しよう! この闘いを通して、沖縄における普天間基地撤去、辺野古新基地建設絶対阻止の闘いに連帯していきましょう!

 そして6月27日、三里塚現地における「不当逮捕弾劾! 団結街道封鎖阻止、第3誘導路建設粉砕!」の緊急全国集会に集まろう!(詳細は別途)

|

« 関西合同労組Nさんへの不当弾圧弾劾! | トップページ | 萩原富夫さんは元気です »

「三里塚」カテゴリの記事

コメント

沖縄の怒りが、鳩山を倒した。すごいな。

投稿: 鳩山を倒したですね。 | 2010年6月 3日 (木) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関西合同労組Nさんへの不当弾圧弾劾! | トップページ | 萩原富夫さんは元気です »