« 今週の産直野菜(9月12日) | トップページ | 祝島の闘いに駆け付けて(9月14日) »

2009年9月14日 (月)

10・22北延伸供用開始を許すな!

Photo  国、空港会社NAAは、10月22日、5か月も前倒しして、暫定滑走路の北延伸部分の供用を開始する攻撃を行おうとしている。この攻撃の正体を見据え、激し怒りを組織して、9・27三里塚関西集会、そして10・11現地全国集会へ、うねりのような決起を生みだし、反撃を開始しよう。

 国、NAAは、この前倒し供用開始の攻撃では不十分と、7月4日、市東さんを完全に空港の中に取り込み、航空機の騒音と振動、排気ガスなどで「生活できない」想いを強制し叩き出そうという第3誘導路という悪辣な攻撃を開始しようとしている。これは、市東さんをはじめとした三里塚反対同盟の農地死守、実力闘争の闘いの前に、すでに10・22供用開始攻撃が破産していることを自認した、慌てて出されたやみくもな、何の勝算もない攻撃でしかない。しかし、10・22供用開始と第3誘導路の攻撃にこめられた、国、NAAの何が何でも市東さんを叩き出し、三里塚闘争を解体しようという「悪あがき」ともいうべき凶暴な攻撃への意志が露骨に示されており、このことを決して軽視してはならない。そういう意味では、正に倒すか倒されるのかをかけた決戦が、開始されたのだ。

 同時に「米軍再編とその変革」というアメリカ帝国主義の世界支配をかけた攻撃を自らの生き延びる水路とする日本帝国主義が、「政権交代」というこの局面の中だからこそ民主党政権にも「選択の余地がない」ことを突きつけたものとしてこの攻撃はある。成田空港を「米軍再編」(日米共同作戦計画5055の実施)の重要な要とするアメリカ帝国主義と日本帝国主義にとって、成田空港周辺で「軍事空港反対」を掲げた反対運動がいかなる形であれ存在することが許されない。8月初め、木の根や横堀団結小屋など4ヶ所の一坪共有地に対して「仮処分決定書」が送付され、一坪共有地への強奪攻撃が開始されたこともこのことを示している。とりわけ「1億8千万円よりも、1本100円の大根を育てて、消費者に届けたい」とする市東孝雄さんを先頭とした三里塚反対同盟の、彼らの論理や理解を超えた闘いが厳然と存在することなど許容できるはずもない。その追い詰められたが故の悪あがきとして、こうした攻撃が生まれたのだ。

 こんな攻撃を跳ね返し43年間闘い抜いてきたのが三里塚だ。9・27から10・11へ総決起しよう!

 09912 山口県上関町では、中国電力の原子力発電所建設攻撃に対し、祝島の漁師、住民の皆さんを先頭にした、実力阻止の闘いが、すでに4日間にわたる攻防をやりぬき、埋め立て開始の作業を阻止し続けている。12日には、雨の中を250人が現場に結集して闘い抜き工事用ブイの運送を阻止したと「ストップ!上関原発」(ホームページhttp://stop-kaminoseki.net/)は伝えている(右写真は同ホームページより転載。12日の様子)。そして、今日も闘われようとしている。祝島をはじめとした漁業を、くらしを、そして海と島の自然を破壊から守るために、80を超えるおばあちゃんをはじめ、島ぐるみの闘いが取り組まれている。この報せに感動しないものがいるだろうか。辺野古でも、岩国でもそうだ。人々は、逞しく、日本帝国主義の野望を許さず闘い抜いている。

 こうした闘いの先頭にこそ、わが三里塚はある。43年の農地死守、実力闘争の真髄をかけ、9・27、10・11へ総決起しよう!市東さんの農地を守ろう!

|

« 今週の産直野菜(9月12日) | トップページ | 祝島の闘いに駆け付けて(9月14日) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日の職場ビラの一部です。共に頑張りましょう。 
★☆――――【 講演のお知らせ  】―――――★☆みんなで行こう。
□ ~時代は どうなる どうする?~ 東アジア・「在日」・沖縄から学ぶ平和憲法の創造
    ―政権交代と憲法問題― 講師:丹羽雅雄(日弁連人権擁護委員会国際人権部会長)
◆9月16日(水)ごご6:30~9:00◆キャンパスプラザ京都 第3講義室
 JR京都駅西へ徒歩5分(ビックカメラの北向い)◆資料代:500円
          主 催:反戦・反貧困・反差別共同行動(きょうと)実行委員会
(代表世話人仲尾宏 千葉宣義 田川晴信 米澤鐡志 新開純也 高橋幸子 府上征三 小林圭二 瀧川順朗 工藤美彌子)
////////////////////////////////
9・27 三里塚関西集会に行こう。(◆とき 9月27日(日)午後1時半~4時半 ◆ところ 大阪市立中央会館・ホール)   
43年間の不屈の労農連帯!三里塚空港反対!を先頭に、沖縄基地反対など、全軍事基地・空港をなくそう。反戦平和と不当解雇撤回、労働組合潰し反対!は、一体です。共に頑張ろう。********

投稿: 京都生協の働く仲間の会 | 2009年9月15日 (火) 10時22分

9・27三里塚関西集会(◆午後1時半~4時半 ◆大阪市立中央会館ホール) を成功させ、10・11三里塚全国集会に一人でも多く集まり、三里塚闘争の新たな大高揚を作りましょう!
いま、成田空港の暫定滑走路の4000メートル化を目指すとか、横風用滑走路の建設を復活させるなどと取り沙汰される真の理由は、朝鮮・アジアの有事に即応するための、米軍再編計画の重要な一環を、沖縄や岩国、関空などと共に担うことを目的としています。
 改憲攻撃の実体的主柱である米軍再編計画を阻止する闘いのため、全国の基地、空港周辺の市民・住民が、基地で働く労働者らが手を結び、闘うことが必要です。
 アジア侵略戦争の加害の歴史とヒロシマ・ナガサキの惨禍への怒りを消し去ろうとする者達の動きが活発になり、ソマリアに武装した自衛隊が出兵し、米軍とともにアフガニスタンへ自衛隊=軍隊を出そうという動きがあります。
 いま、「反戦の砦」として44年間闘う三里塚に、政府・空港会社は、再び襲いかかろうとしている。農地と耕作者を守るべき農地法を悪用し市東孝雄さんの農地を取り上げ、暫定滑走路「北延伸」部分を10月に前倒し使用開始し、第3の誘導路計画によって、市東さんと反対同盟農民を叩き出そうというのです。これとの闘いは全国全世界の仲間の宝です。
・・・・・・・・・・・
全国で盛り上がる反戦反基地反原発!
山口県上関原発、漁業者らの阻止行動で3日連続工事中止!

中国電力の社員(左)に抗議する反対派の漁業者ら。奥は警戒の海上保安庁の巡視艇
*反軍事空港、反軍事基地、反原発等々の、大同団結を作ろう。労農大連帯だ。
/////////////////
今日のビラの一部です。
「中国電力社員」も又、労働者です。かれらに、原発協力業務命令を拒否しようと訴えたいです。日本航空も大幅首切りです。空港で働く仲間に、首切り反対!反対同盟との連帯!を、訴えたいですね。

投稿: 京都生協の働く仲間の会 | 2009年9月15日 (火) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の産直野菜(9月12日) | トップページ | 祝島の闘いに駆け付けて(9月14日) »