« 3・29三里塚全国集会⑥ 市東孝雄さんの挨拶 | トップページ | 3・29三里塚全国集会⑧ 開会あいさつ・森田恒一さん »

2009年4月 9日 (木)

3・29三里塚全国集会⑦ コメ農家・小川浩さんの挨拶

09329  (写真は、壇上に並ぶ「市東さんの農地取り上げに反対する会」のみなさんと、3・29集会全体)

 みなさん。今日はご苦労様です。農地法は、戦後、農民の憲法と言うべきものでした。その農地法が今、改悪されようとしています。そしてその農地法によって、今、市東さんは農地を奪われようとしています。

 今、なぜ農地法改悪なのかということについて、はっきりさせていかなければ09329_2 いけないと思います。

 戦後、1961年の農業基本法以来、農業改革といわれるものが随分やられてきましたが、結局、日本の零細農家はどんどん辞めて行っても、農地は絶対手放したくないということで、取り上げることが出来ませんでした。そして、2年ほど前ですか、戦後農政の大転換ということで、担い手新法、担い手に農地を集中して、農業をやってもらって、そこには全面的に支援する、国が支援するという形でやってきましたが、去年の石油価格とか穀物の高騰によって、その担い手農家が軒並みやっぱり赤字になっていく、農業ではやっていけないような現実が昨年、ほんとに起こりました。そういう中で、この2年間で担い手新法そのものが破綻したといっても過言ではありません。また、世界金融恐慌の中で、もはや農民を自然淘汰というか自然に切り捨てるというような悠長なことをやっておられない。農地法の改悪というのは日本の支配者にとっては、ずっと悲願だったんです。ところが、それが何回もやろうとしてもできなかった。ところが、今回は、その農地法の改悪が具体的日程に上ってきて、今年なんとかやろうとしています。

 と同時に、石破農水相は、1971年以来40年近く、三里塚闘争と一緒の頃に「減反政策」を始めましたけれども、そこを進めて農政を根本的に大転換していくというようなことを今年まとめて、来年からやって行くというようなことを言っています。このことは、農地法を改悪して所有と利用を分けるとか言ってますけれども、これはまったくまやかしで、企業を参入させれば農家が農地を持っていられなくなるのははっきりしています。そういうことで、今までの農業が社会中で変わっていく、そういう政策の大転換として行われていくんじゃないかと思っています。

 そういう意味で、今、市東さんの農地法による農地の取り上げは、全国の農民にかけられた攻撃とも完全に連動してるんじゃないかと思っています。そういう意味で、1971年、代執行の時に大木よねさんがだまし打ち的に家や土地を取り上げられましたけれど、市東さんの農地は絶対にそういうことにしてはならないと思っています。何としても、反対同盟は腹を固めて闘うといってますけれども、われわれもほんとに腹を固めて市東さんの農地を守る闘いを全力をあげて闘いぬいていきたいと思います。

 F もう一つは、戦前の農民運動は、小作争議として、1930年代、大爆発しましたけれど、日本の農業問題の矛盾を満州移民というような形で、当時、日本の農民に土地を与えるという形で「満洲へ」ということで、三井とか、三菱、住友、大財閥がカネを出して、関東軍とか陸軍省と連携の下に、日本から農民を満州に送りだしていった。つまり、侵略戦争に直接的に、日本の農業問題を解決するというようなことで、動員していったというそういう歴史があります。

 今、軍事空港反対ということが三里塚闘争の根幹として今言われましたけれども、そういうものとしてもね、日本の農業問題を捉えていく必要があるんじゃないかと思っています。

 そういう意味で、三里塚の農民の闘いは、日本全国の農民の将来と密接に結びついた、ほんとに農民のこれから生きるための闘いとして、三里塚農民の闘いがあるんだというふうに考えて、共に闘っていきたいと思います。どうか、市東さんの農地を絶対に守っていきましょう。

 

  管理人=昨日は、淡路の永井満さん(関実代表)のお誘いで、淡路島にある県立公園の桜を楽しんできました。まさに春うらら、おだやかな雰囲気の中、缶コーヒーとペットボトルのお茶を飲みな0948_2 がら、のんびりと永井さんと3時間余りの時を過ごすことができました。「花見」と言えば、「酒を飲むための理由」としか考えていなかった私には、実に驚きの時間でもありましたが。春霞で、神戸空港や、関西空港が見えるはずの場所だそうですが、残念でした。それでも、本当に凪いだ海と桜に心行くまで楽しむことができました。右写真で、明石海峡大橋が真ん中左よりに、かすかに写っているのがわかるでしょうか?

 

|

« 3・29三里塚全国集会⑥ 市東孝雄さんの挨拶 | トップページ | 3・29三里塚全国集会⑧ 開会あいさつ・森田恒一さん »

「たたかいの報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3・29三里塚全国集会⑥ 市東孝雄さんの挨拶 | トップページ | 3・29三里塚全国集会⑧ 開会あいさつ・森田恒一さん »