« 神戸空港反対闘争 2月15日 | トップページ | ますますデタラメな証拠を出してきた。許せない! »

2009年2月17日 (火)

一昨日に続いて 開港3年に抗議 (2月16日)

09216

 昨日、神戸空港がいろいろな問題を指摘されながら、一切答えることなく開港を強行し3年を経過したことに抗議して開かれた神戸市役所前での「神戸空港問題は終わったのか?- 開港3年を問う 神戸空港開港3年抗議集会」(20団体共催)に、山本先生をはじめ神戸空港の中止を求める市民の会の仲間5人で参加してきました。寒風吹きすさぶ中、150人の方が集まっておられました。

 集会では、やはり需要の落ち込みと減便による管理収支の破綻と、売れない土地による2千億円の借金の返済計画の破たんが軸となって、抗議の発言が続きました。最後に「共同アピール」が採択され、代表が神戸市当局に届けることになりました。

 一昨日の私たちの集会でも指摘されたことですが、日本共産党、新社会党が正式参加しながら、神戸市市職労などの労働組合の参加が全くないという神戸市の問題点が浮き彫りにされていました。そして、共同アピールに象徴されるように、これだけの様々な事態が明らかになっているこの時点で、神戸市当局の「厳しい自己検証と説明責任を怠ってきた」と指摘するにとどまり、「山積する課09216_2 題を追跡・検証する必要性」を訴えるにとどまるという、なんとも消化不良の想いを抱きながら帰途につきました。

 ある意味では、神戸空港闘争のみならず、神戸での闘いの中で、1月12日に開かれた被災地反失業総行動集会から、2・15神戸空港反対市民集会の過程で練り上げられてきた想いと繋がりをさらに大きく発展させる必要を痛感しました。

|

« 神戸空港反対闘争 2月15日 | トップページ | ますますデタラメな証拠を出してきた。許せない! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神戸空港反対闘争 2月15日 | トップページ | ますますデタラメな証拠を出してきた。許せない! »